手軽に食べ応えもあり|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2024年5月9日更新

手軽に食べ応えもあり|ごちそうレシピ

旬の食材を使い手軽につくれ、食べ応えもある琉球料理を紹介。磯の香りが広がる「スヌイの天ぷら」、みそ味仕立ての「グンボーイリチー」、懐かしい味わいの「ソーミンプットゥルー」の3品です。 名嘉裕子(松本料理学院講師)

毎日のレシピ

タグから記事を探す
外はサクッと中はしっとり食感の
スヌイの天ぷら


【材料(5人分) 調理目安時間30分】

スヌイ(もずく)……………200グラム
ニンジン(3センチ長さ)…正味50グラム
わけぎ(小口切り)…………50グラム

全卵……………………………1個
卵黄……………………………1個分
大和芋(すりおろし)………100グラム
冷水……………………………大さじ4~5
塩………………………………少々
小麦粉…………………………3/4~1カップ

揚げ油…………………………適量

だし汁…………………………1カップ
砂糖……………………………小さじ2
しょうゆ………………………50ミリリットル
みりん…………………………20~25ミリリットル

ダイコン………………………200グラム
赤唐辛子………………………2~3本


【作り方】
 スヌイはざるに入れたまま、よく洗って水気を取り、食べやすい長さに切る=写真。ニンジンは細めのせん切りにする。
※塩漬けされているスヌイはしばらく水につけ塩抜きをする

 ボウルに全卵、卵黄、すりおろした大和芋、冷水、塩を入れて混ぜ、その中にふるった小麦粉を加えてさらに混ぜ、固めの衣をつくる=写真。

 2にスヌイ、ニンジン、わけぎを混ぜ合わせる。

4 揚げ油を180度に熱し、3を約5センチ大ずつ入れて揚げる=写真。


5 分量の調味料を合わせ、ひと煮立ちさせて冷ましておく。

6 ダイコンは太い箸で穴を開け、その中に種を抜いた唐辛子を差し込み=写真、おろし金でおろす。


7 5の天つゆに6の紅葉おろしを加えて、4をつけていただく。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しょうがの香ばしさがアクセントに
グンボーイリチー


【材料(5人分) 調理目安時間約40分(ゆで時間を除く)】

ゴボウ………………………600グラム
豚三枚肉(または鶏肉)…150グラム
サラダ油……………………大さじ2

白みそ………………………100~130グラム
だし…………………………1カップ~

しょうが……………………少量
砂糖…………………………適宜


【作り方】
 ゴボウは土を洗い落として包丁の背で皮をこそげ取り=左下囲み参照、5センチ長さの斜め切りにして米のとぎ汁に漬けてあく抜きをする(ゆでておく)=写真。


 豚三枚肉はゆでて1センチ幅の短冊に切る=左下囲み参照(鶏肉の場合は一口大に切る)。


 鍋に油を熱して豚三枚肉(または鶏肉)を炒め=写真、脂が溶け出してきたらゴボウを加えて炒める。


4 白みそを分量のだしで溶いて3に加え=写真、全体のみそが浸透するまで弱火で煮込み、しょうがのみじん切りを少量加えて仕上げる。
※砂糖は味加減をみて加えるかどうかを決める


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツルっといただく
ソーミンプットゥルー


【材料(2人分) 調理目安時間5分】

そうめん………………………2束
塩………………………………小さじ1/2
サラダ油………………………少量

サラダ油………………………大さじ1
だし(または麺のゆで汁)…100ミリリットル
わけぎ…………………………適量
(あればツナ缶………………1/2缶)


【作り方】
 そうめんはたっぷりの熱湯にほぐして入れる=写真。再び沸騰したら間もなくザルに取り一気に水にさらし、水気を切る。塩とサラダ油をまぶしておく。


 ネギは小口切り=写真=に。


 鍋にサラダ油を熱し、そうめんを炒め、だし(とツナ缶)を加えて混ぜ=上写真、さらにわけぎを混ぜ合わせる=下写真。





料理の基本をおさえよう!
切り方や調理の過程でよく耳にする料理の基本用語などをピックアップして紹介します!

★切り方の基本★

〈短冊切り〉
食材を小さな短冊のように薄い長方形に切る切り方。


〈斜め切り〉
食材を斜めに切る切り方。キュウリやゴボウ、長ネギなど細長い食材を切る際によく用いられる。


★下準備の基本★

〈こそげ取る〉
包丁の背や刃などを使って食材の表面を薄くこすり落とすこと。ゴボウやしょうがの皮を落とすときによく使われる言葉。



名嘉裕子(松本料理学院講師)
『週刊ほ~むぷらざ』ごちそうレシピ
第1918号 2024年05月09日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る