[グルメな“お店”紹介]琉球角煮まんじゅう|村の角煮饅頭 喜喜(北中城村大城)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

専門店

2024年3月14日更新

[グルメな“お店”紹介]琉球角煮まんじゅう|村の角煮饅頭 喜喜(北中城村大城)

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
funokinawa・食楽Search(748)

専門店

タグから記事を探す

ジューシーで軟らかな豚の角煮をふわふわの手作り包子に挟んで食べる「角煮まんじゅう」(600円)。自家製漬物や本格鶏がらベースの中華スープ付き「角煮まんじゅう定食」(850円)も人気


目指すは沖縄のソウルフード!

地元の幼なじみ5人が力を合わせてオープンした「村の角煮饅頭(まんじゅう) 喜喜」。飲食店で地元を盛り上げようと起業したが、飲食店経営の経験はなく、村の祭りやイベントへの出店、ビアガーデンの運営などで、ニーズやノウハウを学んで研さんを積んでいった。

中学生の時に修学旅行先の長崎で角煮まんじゅうを食べた思い出から、沖縄の人々にもなじみ深い豚肉を使った角煮まんじゅうをメイン商品に決定。沖縄のソウルフードにしたいと、食感やボリューム、年齢問わず親しまれる味付けにこだわり、何度も試作を繰り返した。

食べやすいように角切りにした豚肉をじっくり煮込んで軟らかくし、黒糖などを使ったしょうゆベースのたれに漬けた角煮を、ふわふわ食感の手作り包子(パオズ)に挟んで食べるスタイル。シンプルだけれど程よい甘みがあり、子どもから大人まで大人気商品になっている。

ほかに、塩こうじを練り込んだ平打ち麺の「喜喜まぜそば」や、「天津飯」「炙(あぶ)り三枚肉そば」「杏仁(あんにん)豆腐」などがある。3月からは新メニューとして「エビチリ」も登場した。角煮まんじゅうは持ち帰りOKで、1個からでも気軽に購入できる。料金は全て税込み。

 
数種類の香辛料と花椒(ホアジャオ)の香りが食欲をそそる「麻婆(マーボー)豆腐」(単品720円、ライス・スープ付き920円)
 
花ブロックがアクセントになっている広々とした店内。座敷の個室もある
 
店の外観。東海岸を一望する高台に立ち、村の人々の憩いの場所になっている


村の角煮饅頭 喜喜

北中城村大城170
電話=098(988)5872

営業時間
11時~18時(L.O.17時30分)※金曜・土曜11時~21時(L.O.20時30分)

定休日
月曜

[駐車場8台、個室あり、禁煙]

<毎日のランチや友だちや家族とディナーはいかがですか? 食楽サーチ一覧へ


取材/松島成子(ライター)
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1910号 2024年3月14日紙面から掲載」

専門店

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4234

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る