[沖縄・レシピ]大人も子どもも喜ぶごちそう|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2021年11月11日更新

[沖縄・レシピ]大人も子どもも喜ぶごちそう|ごちそうレシピ

今回は家族で作って楽しい「太巻きずし」と、2種類のみそでこくが出る「赤だし」のメニューを紹介します。仲村公子(松本料理学院講師)

家族で作るのも楽しい
太巻きずし
太巻きずし

【材料(4人分) 調理目安時間50分】
米………………………………4カップ
水………………………………4カップ
昆布…………………………………1枚

【合わせ酢】
酢……………………………100ml
砂糖……………………………大さじ5
塩……………………………小さじ1強

【具材】
干ししいたけ………………………8枚
かんぴょう………………………20g
だし汁………………………350ml
砂糖……………………………大さじ6
みりん…………………………大さじ4
しょうゆ………………………大さじ4
ホウレン草…………………………半束
しょうが…………………………50g
でんぶ………………………………適宜

厚焼き
卵……………………………………6個
砂糖……………………………大さじ3
塩……………………………………少々

サラダ油……………………………適宜
のり…………………………………6枚

【作り方】
1 米は洗ってザルに上げ、分量の水と昆布に1時間ほどつけてから炊き上げる。

2 合わせ酢の材料を容器に合わせておく。ご飯が炊けたら、合わせ酢をかけ、しゃもじでほぐしながらご飯全体に酢を均等に混ぜて、すし飯を作る=写真。
2 合わせ酢の材料を容器に合わせておく。ご飯が炊けたら、合わせ酢をかけ、しゃもじでほぐしながらご飯全体に酢を均等に混ぜて、すし飯を作る=写真。

3 干ししいたけを水で戻す。かんぴょうは水洗いして、小さじ2の塩で弾力がでるまで充分にもみ洗いし、30分くらい水につけてからゆでる=写真。
3 干ししいたけを水で戻す。かんぴょうは水洗いして、小さじ2の塩で弾力がでるまで充分にもみ洗いし、30分くらい水につけてからゆでる=写真。

4 3の水分をしぼり、だし汁、砂糖、みりん、しょうゆで煮汁がなくなるまで煮る。しいたけは3mm幅に切る。

 ホウレン草はゆでで冷水にとり、水気をとる。

 卵に砂糖、塩を入れて焼いて、厚焼きを二つ作る=写真。
6 卵に砂糖、塩を入れて焼いて、厚焼きを二つ作る=写真。

 しょうがは細切りにする。

 のり1枚半(ご飯粒でくっつける)に2のすし飯を平らに敷きつめ、しいたけ、かんぴょう、厚焼き、ホウレン草、しょうが、でんぶの順のせて、巻く=写真。
8 のり1枚半(ご飯粒でくっつける)に2のすし飯を平らに敷きつめ、しいたけ、かんぴょう、厚焼き、ホウレン草、しょうが、でんぶの順のせて、巻く=写真。

★太巻きずしを切る時は、切るたびに写真のように包丁をぬれた布巾でふいておくと、ご飯粒などが付かず、きれいに切れる=写真
★太巻きずしを切る時は、切るたびに写真のように包丁をぬれた布巾でふいておくと、ご飯粒などが付かず、きれいに切れる=写真


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2種類のみそでこくが出る
赤だし
赤だし

【材料(4人分) 調理目安時間15分】
水………………………………5カップ
だし昆布………………………15cm
かつお節…………………………30g

八丁みそ………………………100g
白みそ(甘口)…………………30g
なめこ……………………1/2カップ
絹ごし豆腐………………1/2~1丁
みつば………………………………少々

薬味
粉山椒(さんしょう)または七味唐辛子………少々


【作り方】
 だし昆布を布巾でふいて、水のうちから鍋に入れて30分つけて、火にかける。煮たってきたら昆布を取り出し、かつお節を入れてひと煮立ちしたら火を止め、5分待ってからこす=写真。
1 だし昆布を布巾でふいて、水のうちから鍋に入れて30分つけて、火にかける。煮たってきたら昆布を取り出し、かつお節を入れてひと煮立ちしたら火を止め、5分待ってからこす=写真。

 八丁みそと白みそをみそこしに入れて溶き入れる=写真。
2 八丁みそと白みそをみそこしに入れて溶き入れる=写真。

 なめこはさっと洗ってザルにあげる。生のなめこの場合はゆがく。

 豆腐をさいの目に切ってザルに入れ、水に放して水気を切っておく=写真。
4 豆腐をさいの目に切ってザルに入れ、水に放して水気を切っておく=写真。

 2になめこと豆腐を入れ、再び火をかけ=写真、4cmに切ったみつばを加えて仕上げる。
5 2になめこと豆腐を入れ、再び火をかけ=写真、4cmに切ったみつばを加えて仕上げる。

 5の赤だしをわんに盛り、薬味を少々振りかけて供す。


講師/仲村公子(松本料理学院講師)
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1788号 2021年11月11日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2833

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る