[沖縄・メーク術]1分マッサージでくすみ知らず|美makeup|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2021年9月23日更新

[沖縄・メーク術]1分マッサージでくすみ知らず|美makeup

[美makeup]執筆/平良芽依美(資生堂ジャパン(株)沖縄オフィス) 

暦の上では秋。まだまだ暑い沖縄ですが、今まで紫外線を受け続けた夏のダメージが、いよいよ肌に現れてしまう季節です。シミの原因となるメラニン生成がピークを迎えるだけでなく、血行不良を起こし、くすみを引き起こしてしまう可能性も。夏の疲れを肌に残さないよう、早めにケアして、秋冬の乾燥しやすくなる時期に備えましょう。


肌の「お疲れ度」チェック

まずは現在の肌の状態を確認。下記の項目にいくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

□ 普段使っている化粧水や乳液のなじみが悪い
□ ファンデーションのノリが悪い
□ 肌に触れた時、何となくザラザラorゴワゴ  ワしている
□ 肌の表面が、硬くなったように感じる
□ 毛穴が大きくなった気がする


上記の中で一つでも当てはまったらご用心! すでに肌はお疲れ状態です。全てチェックがついた人は肌が悲鳴を上げているかも!? 今からでも間に合うスペシャルケア方法をご紹介します。


洗顔とマッサージでくすみ予防

くすみをスキンケアで拭い去るには、まず洗顔で不要な汚れをオフすることが大切です。そして化粧水や乳液でうるおいバランスを整えた上で、保湿クリームを取り入れるのがおすすめ。より深いうるおいで肌を整えるのはもちろん、クリームを肌になじませる時のマッサージ効果による血行促進も期待できますよ。

マッサージは、血行促進効果が得られるので、肌のくすみや透明感のなさに悩む方にぴったりのケア。また、めぐりを良くする働きもあるからこそ、皮脂分泌量にお悩みの油性肌の人にもおすすめ。つまりマッサージは、どんな肌質の人にも取り入れてほしいケアなのです。


保湿クリームでもできる

「専用のマッサージクリームがない」、「忙しくてお手入れに時間がかけられない」という人は、保湿クリームさえあればOK! ふき取りや洗い流しも不要で約1分でできる簡単な「クリームマッサージ」を取り入れてみてはいかがでしょうか=左囲み参照。

くすみを感じる肌は、疲れて見えたり老けて見えたりして肌全体の印象が暗くなりがち…。うるおいに満ちた透明感のある肌を目指して、保湿クリームを上手に活用したケアをぜひ取り入れてみてくださいね。秋風を感じたら、マッサージで秋の夜長を楽しみつつ、生き生きとした肌を手に入れましょう。


 クリームマッサージのやり方 

マッサージクリームがなければ、保湿クリームでもOK。通常の2倍の量を目安にたっぷり肌に広げて肌を優しくなでるようにマッサージしよう!

【STEP1】顔全体にクリームをなじませた後、ほおを指全体で持ち上げるように大きく円を8回描く=図



【STEP2】口角を中指と薬指を使って4回引き上げたら、小鼻のわきも4回引き上げる=図


【STEP3】額を引き上げるように指全体で大きく円を2回描く。目の回りは、中指と薬指を使って優しく円を1度描く=図


【STEP4】最後にこめかみを押す。

※STEP1~4を1セットとして、数回繰り返すと良い。時間の目安は1セット1分程度。

※肌に摩擦で負担を掛けないよう、滑りが悪くなったら保湿クリームを足して行う。

 

メーク、お肌の疑問・お悩みをお寄せください。プロが答えます!

「週刊ほ~むぷらざメーク」係

 


『週刊ほ〜むぷらざ』美makeup
第1781号 2021年9月23日掲載 毎月第4週に掲載

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2833

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る