[沖縄・メーク術]化粧直しでより華やかに|美makeup|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2021年7月22日更新

[沖縄・メーク術]化粧直しでより華やかに|美makeup

[美makeup]執筆/平良芽依美(資生堂ジャパン(株)沖縄オフィス) 

夏はメーク崩れが特に気になる季節。今回は、崩れたメークをきれいに直しつつ、さらに華やかに印象を変えて、パッと目を引くテクニックをご紹介します。


①メーク直し前の下準備

メーク後、時間がたった肌は汗や皮脂でベースメークが崩れやすい状態。そのまま化粧を重ねても、きれいに直すことはできないので、メーク直し前の下準備が必要です。

まずは、余分な汗・皮脂、浮いたベースメークをティッシュやあぶらとり紙でおさえます。顔全体にミストをたっぷり吹きかけてうるおいをチャージした後は、何もついていないスポンジを使って、ヨレてしまったベースメークを軽くぬぐって肌表面をフラットに。その上にパウダリーファンデーションやおしろいを重ねることで、メークしたてのような肌に元通りです。


②屋外で映える肌にアップグレード

①でベースメークを直したら、輝きのあるフェイスカラーを重ねて、沖縄の日差しに映える肌にチェンジ! ほおの高い位置に、ほんのりラメやパールの入ったハイライトをのせて、自然にぼかすようになじませましょう。

また、人と会うときにより印象をアップさせるなら、チークをプラスするのがおすすめ。ポイントは、マスクをしていても見える高めの位置に入れること。ほんのり血色感が見えることで、健康的で幸せ顔になれますよ。

③カラーアイテムで目元をアップグレード

「気分を変えたい!」「友人とのお出かけだからおしゃれしたい!」など、化粧直しでガラリと印象を変えたい場合は、「カラーアイライン」や「カラーマスカラ」がおすすめです。現在はカラーアイテムも種類が豊富。アイライン、マスカラはブラックやブラウンが主流でしたが、最近では、イエロー・ホワイト・レッド・グリーン・バイオレットなどさまざまなカラーがあります。印象チェンジが楽しめて、目元が際立つマスクメークにうってつけ。仕事中は普段のブラウンメークでも、アフターファイブにカラーアイテムをちょい足しするだけで一気におしゃれ顔になりますよ。

自分らしいメーク探しを

カラーアイラインは、全体に入れると個性的な目元が楽しめ、目尻にのみポイントで入れると、カラーメーク初心者でも試しやすい仕上がりに。カラーマスカラも、入れる範囲や場所によって印象が変化します。自分らしいメークを探すのも楽しいですよ。

どうせ崩れるから…とマンネリ化しがちな夏メーク。崩れを直すだけでなく、さらに輝く印象にアップグレードすることで1日中輝く自分でいられます。さあ、メークを楽しみましょう♪

 カラーマスカラ テクニック 

【初心者にもおすすめ! バイオレット】

肌なじみの良いバイオレットは、優しい発色のため、上下のまつげの根元からたっぷりぬって、しっかりと色みを感じさせるのがポイント。上品で華やかな目元を演出できる。チークやリップなど、他のポイントメークと統一感を出しやすく、初心者にもおすすめ。


【ポイント使いでクールに! グリーン】

派手過ぎず、ほどよい発色が魅力のグリーンは、洗練された印象に。上まつげの目尻側のみにグリーンのマスカラをぬり、その他はブラックマスカラで仕上げるとクールな仕上がりになる。一見難しそうなグリーンも、ポイント使いなら挑戦しやすい。

 


 

メーク、お肌の疑問・お悩みをお寄せください。プロが答えます!

「週刊ほ~むぷらざメーク」係

 


『週刊ほ〜むぷらざ』美makeup
第1772号 2021年7月22日掲載 毎月第4週に掲載

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2542

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る