【ダイエット】毎日ナッツで健康習慣|野菜ソムリエ上級プロ 堀基子の「太らない食べ方研究所」[15]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2021年6月3日更新

【ダイエット】毎日ナッツで健康習慣|野菜ソムリエ上級プロ 堀基子の「太らない食べ方研究所」[15]

ー15㎏を達成した自身の経験を基に、野菜ソムリエ上級プロで「野菜でダイエット講座」を展開中の堀基子さんが指南! 健康的にやせる食べ方の工夫やレシピを紹介します。

 今月のダイエットの掟 
美人​ナッツを食べている

ナッツを1日片手1杯!

ダイエット中の悩みといえば間食。スイーツもスナック菓子もNGときたら、おやつは我慢するしかない? そんなときにはナッツです!

ナッツ類には、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールを低下させる効果が期待される不飽和脂肪酸、体内の余分なナトリウムの排出を助けるカリウム、カルシウムの吸収率を高めるマグネシウム、腸内環境を整える食物繊維などが含まれ、毎日食べることで健康づくりに役立つと注目されています。その効果は、米国食品医薬品局が、ナッツ類について「1日に1・5オンス(42グラム)を食べると、心筋梗塞などの心血管疾患のリスク低下に効果的」との表示を認めているほど。ちなみに、ミス・ユニバースジャパン出場者たちも、間食にはナッツを推奨されていたそうです。

ただし、脂質が多く高カロリーなので、食べ過ぎは要注意! 塩や砂糖などで味付けされていないナッツを、1日あたり片手のひら1杯の量なら、ダイエット中でもOKです。あくまでも手のひらに並べた量で、山盛りではありませんので、気を付けて!

クルミ&アーモンド

ナッツ類の中でもダイエット中におすすめなのが、クルミとアーモンドです。クルミは、青魚に含まれるDHAやEPAと同じオメガ3脂肪酸の仲間であるα-リノレン酸の含有量が、ナッツ類の中でもナンバーワンです。アーモンドには、抗酸化作用に優れたビタミンE、皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB2が含まれています。ごまには、骨の健康に欠かせないカルシウム、優れた抗酸化力を持つセサミンなどが含まれ、すりつぶすことで消化吸収がよくなります。ナッツのパワーを上手に活用して、健康的なダイエットにお役立てくださいね。

かけるだけで美味になる!
『エスニックふりかけ デュカ』

かけるだけで美味になる! 『エスニックふりかけ デュカ』
いつものサラダやカッテージチーズ、ニンジンシリシリー、肉や魚のソテー、チーズトーストなどにふりかけるだけで、抜群においしくなるデュカ。クミンやコリアンダーはスーパーや輸入食材店などのスパイスコーナーにあります。

●材料
生クルミ20g、無塩アーモンド20g、クミン大さじ1、コリアンダー大さじ1、白ごま大さじ1、塩小さじ1、粗びきこしょう少々


■作り方
(1)生クルミと無塩アーモンドは、包丁で粗く刻み、フライパンに入れ、弱火で軽くからいりし、すり鉢で粗めにすりつぶす。
(2)クミン、コリアンダー、白ごまをフライパンに入れ、いい香りが立つまで弱火でからいりし、すり鉢で粗めにすりつぶす。
(3)熱湯消毒して乾燥させたジャムの空き瓶に、(1)、(2)、塩、粗びきこしょうを入れ、よく混ぜる。1カ月は常温保存OK


太らない生活習慣⑭
体脂肪を記録しよう!

真のダイエットの成功は、減量だけではありません。いくら体重が落ちても、筋肉量が減ってしまっては、むしろ大失敗!大切なのは体脂肪だけをしっかりと減らすこと。前回、ダイエット中は毎日、体重を量り、記録することをおすすめしましたが、同様に1日1回、体脂肪率を計測し、記録しましょう。体重が減っていても、体脂肪率が減っていなければ、ダイエットの方法に問題があるのかもしれませんよ。



ほり・もとこ/野菜ソムリエ上級プロ、J  Veganist、受験フードマイスター、冷凍生活アドバイザー、アンチエイジングプランナーほか。第6回・第8回野菜ソムリエアワード銀賞受賞

『週刊ほ〜むぷらざ』野菜ソムリエ上級プロ 堀基子の「太らない食べ方研究所」⑬
第1765号 2021年6月3日掲載


※これまでの記事はこちらから
※堀さんオススメの野菜レシピ満載「おとなの食育」はこちらから

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2481

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る