お肌や髪の保湿は食事で補う|心も体も健康にアーユルヴェーダ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2021年2月4日更新

お肌や髪の保湿は食事で補う|心も体も健康にアーユルヴェーダ

5千年の歴史があるインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を知念伽央梨さん(i-PLANA代表)が紹介します。今回は、冬の食事についてです。

体が温まる汁物を


寒暖差が激しい日が続いていますが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。桜が咲き春が近づいていますが、まだまだ冷たい風が吹く日もあり、体を冷やさないように注意が必要ですね。

冬の時季はアーユルヴェーダ的に油質を含む料理、肉のスープなどをすすめています。滋養を得ることができるのはもちろん、精神的にもホッと落ち着く温かい汁物をぜひ、食卓におすすめいたします。肌や髪の毛もしっとりしてきますよ。

お正月には異類補類(同じ形のものが同じ形のものを補う)で食べると腸を強くするという意味あいの中身汁を。忙しい朝は、ひき肉とハーブで作ったオリジナルつくねをカチュー湯に入れ、コクのあるスープをいただきます。刻みショウガを入れると、よりおいしくて元気になります。

夕食には、チムシンジ(豚レバーのお汁)やソーキ汁などをいただきます。

 


根菜類をはじめ、消化に優しいおかゆ、朝食にぴったりのカチュー湯などで体を温めるのもおすすめ


お正月やムーチーなど行事が続き、食いしん坊の私の胃は少々、お疲れ気味。消化に優しく、そして寒さや乾燥から守ってくれるさまざまな肉のスープは、とてもありがたいのです。

豚骨からだし汁をとる時に取れる脂(ラード)も活用。捨てるのではなく、手や足の保湿に使っていますよ。命をいただくのですから、できるだけ捨てるものがないように感謝して、体のために使いたいと考えています。



インフォメーション
「アーユルヴェーダトリートメントキャンペーン」
ピンダスウェーダ(薬草orおかゆのハーブボール) 2万5000円→1万円(税別)

※個人に合わせたトリートメントを実施。体質、現状によりハーブボールの中身が変わります。

《内容》全身トリートメント後に薬草やミルクで炊いたお米にハーブを混ぜたスパパティヤオリジナルのハーブボールで体に熱を移し、発汗。関節の痛みや筋肉疲労、浮腫(むくみ)などを緩和が期待できます。肌のキメを整え、美肌へと導きます。


スパパティヤ、オリジナルのハーブボール​


体に優しいターメリックやシナモン、クミンなどのハーブ類


「2021年 イキイキ・ヘナ生活」
天然の白髪染めを施すことで、頭皮を健康に。体内の毒素を排出するデトックスやアンチエイジング効果も期待できます。髪の印象が変わると、お顔の印象も若々しく。
※髪が肩までの長さの場合、4500円(税別)~(自宅で洗髪の場合)

「アーユルヴェーダ学会初級講座 2月生募集」
 詳細は下記の問い合わせで承ります。



株式会社 i-PLANA
代表 知念伽央梨さん
・米国補完医療大学AUCM、グジャラートアーユルヴェーダ提携 Ayur Vedic Medicine Practitioner
・日本アーユルヴェーダヘルスカウンセラー


i-PLANA(アイプラーナ)
080-6495-6549
メール/iplana.ayurveda@gmail.com

心も体も健康にアーユルヴェーダ


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1748号 2021年2月4日紙面から掲載」

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2383

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る