炊飯器で手軽に離乳食!|酵素でイキイキ!|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

毎日のレシピ

2019年3月7日更新

炊飯器で手軽に離乳食!|酵素でイキイキ!

麹(糀)を使った調味料や簡単な料理を紹介。
執筆者:仲宗根悦子<12>

お手軽でオススメ、炊飯器を使った野菜たっぷりの「スープ」を紹介します。野菜のうま味が出るので、調味料は甘糀(甘酒)のみ。やわらかく炊けるので介護食や離乳食としても応用できます。 特別な道具は必要ありません。家にある湯飲みや茶わんを使って、野菜スープや煮物、蒸し物を手軽に作れます。食材を切って炊飯器に入れるだけでOK! 火加減の心配がありません。一度に複数の調理ができるので、一緒におかゆを炊いてもいいでしょう。

味付けに使っている塩糀や甘糀といった発酵調味料は腸内環境を改善し、免疫力を高める効果があります。魚の臭み抜きにもいいですよ。

炊飯器にお任せ

炊飯器で野菜スープ

[材料]キャベツ、トマト、玉ネギ、ニンジン、カボチャ(粗めのみじん切り)各大さじ1、かつお節一つまみ、甘糀30ml

[作り方]
①湯のみにかつお節を入れて、水を茶わんの1/4まで入れる。
②キャベツ、トマト、玉ネギ、ニンジン、カボチャの順に湯飲みに入れ甘糀をかける(具は茶わんの3/4までに)。
③炊飯器に約200mlの水を入れて湯飲みを並べて炊飯スイッチを押す。
④炊き上がって10分ほどたったらやけどをしないよう布巾を使って湯飲みを取り出す。
※キノコ類、ブロッコリー、白菜、ネギ、セロリなどを加えてもよい。
※甘糀で作った油みそや、糀みそを加えてもよい。


サバとエビの糀蒸し

[材料]サバ半身の1/2切れ、エビ4匹、塩糀(食材の10%)、甘糀(食材の20%)、アボカド1個(1センチ角に切る)

[作り方]
①サバとエビは、塩糀と甘糀に一晩漬けておく。
②①とアボカドをクッキングシートに包みフライパンで蒸す。炊飯器で炊いてもよい。
③②をフライパンで焼く。仕上げの5分前にかつお節を入れると、かつお風味になる。


仲宗根悦子さん|仲宗根糀家代表取締役社長
執筆者
仲宗根悦子
仲宗根糀家代表取締役社長。米糀や発酵調味料の製造・販売、講演を行う。ビジネスサプリメントアドバイザー、ホリスティック栄養アドバイザー


毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1649号 2019年3月7日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1601

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る