豊かなゴボウの香りに食欲が増す「グンボウイリチー」|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

毎日のレシピ

2017年4月27日更新

豊かなゴボウの香りに食欲が増す「グンボウイリチー」|沖縄のごちそうレシピ

ゴボウの香り豊かなグンボウイリチー。ウチナー野菜のうま味がしみじみ味わえる琉球料理を紹介します。
講師:松本嘉代子(松本料理学院学院長)

ごちそうレシピ|グンボウイリチー(越来イリチー)

豊かなゴボウの香りに食欲が増す

グンボウイリチー(越来イリチー)

材料(5人分)調理時間48分

ゴボウ 600g
豚三枚肉(または鶏肉) 150g
サラダ油 大さじ2
 白みそ 100g〜130g
 だし 1カップ~
ショウガ 少量
(砂糖) 少量

作り方

1.
ゴボウは土を洗い落として包丁の背で皮をこそげとり、5cm長さの斜め切りにして米とぎ汁につけてあく抜きをし、軟らかくゆでておく。
2. 豚肉はゆでて1cm幅の短冊に切る(鶏肉の場合はひと口大に切る)。
3. 鍋に油を熱して豚三枚肉(または鶏肉)を炒め、脂が溶けてきたらゴボウを加えて炒める。
※油を全体に回す。
4.
白みそを分量のだしで溶いて、数回に分けて3に加え、全体にみそが浸透するまで煮込み、ショウガのみじん切りを少量加えて仕上げる。
※味を浸透させるために、クツクツと音が鳴るくらいの火加減で、濃度が出るまで煮込む。
※砂糖は味加減を見て、加えるかどうか決める。



野菜のうまみを味わう



講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。

 

春から始まる料理クラスの受講生を募集中!

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1554号 2017年4月27日掲載
[レシピ・グンボウイリチー・琉球料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:202

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る