海を「撮る」こと「新たな表現に向かって」|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

My Style

2012年3月8日更新

海を「撮る」こと「新たな表現に向かって」

海んちゅ写真家 古谷千佳子のフォトエッセー「潮だまり」vol.12



海を「撮る」こと

新たな表現に向かって



子供のころは、目の前の光景を「カシャッ」と、写真を撮るかのように目の奥に焼き付けて、後から自由に引っ張り出すことができた。体験が伴えば、記憶としてとどめられると信じてきたのだが、いつしかそれが出来なくなっている。

先日、元海人(うみんちゅ)の山城久雄さん(68)の口から、こんな言葉が出てきた。

「頭に写してあるから…」

素潜り漁、1本釣り、マグロ船と、およそ50年にわたる海人時代の記憶を今でも鮮明に覚えていて、それを鉛筆で描き続けている。その正確で力強い描写が、とにかく凄い。1本1本の細やかな線と濃淡で表現する波。うねり、さざなみ、潮目…。私が皮膚で感じてきた海の様子が、表情を伴ってリアルに描かれている。

沖縄に数多くある伝統漁法の中で、私が好きなのは素潜り漁。その中でも海人の目線が明確に見える電灯潜り(夜の海中に電灯を持ち込み、潜って漁をすること)の面白さは計り知れない。

昼間、海人の横を泳ぎ続けても、実際に海人が何処を見ているのか分かりにくい。海人は魚を見つけても、反対方向を向きながら近づいたりするので、獲物が突かれる寸前まで気が付かないことも多々あった。電灯潜りでは、明かりの照らす所=海人の見ている所、と分かりやすいところが良い。ただ、電灯で照らされる世界のみが私の目に映るように、写真に写るのは光があたっているところだけ。

けれども山城さんの鉛筆画は、暗い海中に見たもの全てを描写できる。また、写真は一瞬の時間を切り取るが、絵は時間を重ねて描くことも出来る。時と枚数を重ねることで、成立する写真の世界と、時に縦横無尽に描かれる絵画。

平成の時代に海人を撮り続け、素朴な素潜り漁を追いかけたら"オジィ海人"にたどり着いた。今、彼らの若き時代をリアルに描いた世界と出会い、海人達と潜ってきた様々な海の記憶が、するするする〜っと蘇ってきた。追いかけ、撮り続けた海人写真家も、母となり、沖縄で学ぶ「調和」の精神へと成長の時。素晴らしきご縁で、新たな表現イタシマスしますよ〜!




[文・写真]
古谷千佳子(ふるや・ちかこ)
那覇市在住。海の仕事に従事、スタジオで写真を学んだ後、海人写真家となる。海・自然と調和する人々の暮らしや伝統漁業を主に撮影する。TBS「情熱大陸」などに出演。著書に 写真集「たからのうみの、たからもの」、「脳を学ぶ2」(共著)ほか
http://www.chikakofuruya.com/
 
古谷千佳子のフォトエッセー『潮だまり』
週刊ほーむぷらざ 第1289号・2012年3月8日に掲載

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2214

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る