庭育て、感謝する日々|伊禮博枝さん(うるま市)[人生ブラボー!②]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

My Style

2023年6月1日更新

庭育て、感謝する日々|伊禮博枝さん(うるま市)[人生ブラボー!②]

仕事の一線を退いた後も、年を重ねても、人生を生き生きと送る人たちを紹介します。今回は、植物が大好きなうるま市の伊禮博枝さん(74)。自慢の庭でお話を伺いました。


珍しい草花も多く、さまざまな植物を育てている庭は「季節を知らせてくれるし、毎日、変化と発見があり、とても楽しい」と伊禮さん=うるま市

 季節を知り癒やされる庭 
緩やかな曲線を描きながら進む緑の小道。脇には、白い花を咲かせるペトレアやトキワマンサクにウツギ、八重咲きのクワンソウなど、さまざまな珍しい種類の花が彩る。横になって実をつけているパパイアの木は、台風のときに倒れ、その姿のままで実をつけるようになった。

イングリッシュガーデンのように草木が自然な形で配置された伊禮博枝さんの庭。中央に置かれた小さなテーブルに招かれ椅子に座ると、目には緑、頬には風を感じて心地よい。「こんなふうに、お茶しながらユンタクすると、みんな喜んでくれる。私もうれしい」と伊禮さんがほほ笑む。

自宅隣にある庭は、以前は雑木が生い茂り、地面は石だらけでガラスも出てくるような荒れ地だった。伊禮さんが毎日コツコツと手入れを続け作り上げた自慢の庭だ。「毎日、手入れしていると、小さな枝一つ一つに芽吹いたつぼみを見つけたり、地面から小さな芽が出ていたり、発見があってとても楽しい」と笑顔で話す。
 

虫などがいないか確認しながら一つ一つ丁寧に花を摘む


苦難のブラジル時代

伊是名島出身の伊禮さんは、同郷で2歳上の夫と19歳で結婚。夫はブラジル移民が決まっており、共に海を渡った。

ブラジルでは仕事がうまくいかず借金が膨らんだ。現地の言葉が分からぬまま長男を出産し、生活苦と育児で「毎日、泣いて過ごした。体重が36キロになるまで痩せ細った」と振り返る。

4年後、親族から借金して帰国。その後は夫とともにがむしゃらに働いた。うるま市で自動車整備工場を営むようになり、徐々に規模を拡大。「生活が落ち着くまで10年くらいかかった。あのままブラジルにいたら、私は生きていられたか分からない」と伊禮さん。その苦労が分かるからこそ、同じようにブラジルから帰郷する人には、仕事の世話もしてきた。

工場には約30人の従業員が働く。「工場は安全第一。旧暦の1日と15日には、ヒヌカン(火の神様)にウブク(ご飯)とチャワキ(お茶請け)を供え、日々の感謝をしてから、家族と従業員の健康と安全を祈っています」

二男二女を育て、15人の孫にも恵まれた。「行事には100人くらい集まる。それぞれ抱負を発表させるんです。孫たちの成長した姿を見るのが楽しみ」と目を細める。

苦難の半生を乗り越え、今の幸せに感謝し、自然に触れて癒やされながら、笑顔の日々を送っている。

育てた花がケーキに

伊禮さんの庭で咲く、バタフライピーの青い花は、自宅隣でケーキ店を営む長女が、ケーキやクッキーなどに活用している=写真。伊禮さんは「バタフライピーは色鮮やかで、抗酸化作用などその成分でも注目されている花。お客さんにも喜ばれるので、役に立つことがうれしい」と笑顔で話す。

***********************************

人生を楽しんでいる60代以上の方募集!

趣味や仕事、地域活動に打ち込む60代以上の方を募集しています! 自薦、他薦は問いません。 情報をお寄せください。
電話:098(862)1155
e-mail:h.home@jpress.co.jp 


取材/赤嶺初美(ライター)
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1869号 2023年6月1日紙面から掲載」

My Style

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4177

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る