[沖縄・輝く女性を紹介]彩職賢美|株式会社MIRAMUI(ミラムイ)代表取締役 税理士 及川始乃(もとの)さん|財務と心両輪で 成長経営を支援|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

彩職賢美

2022年6月9日更新

[沖縄・輝く女性を紹介]彩職賢美|株式会社MIRAMUI(ミラムイ)代表取締役 税理士 及川始乃(もとの)さん|財務と心両輪で 成長経営を支援

税理士として、上場企業をはじめ、これから事業を始める女性まで、さまざまな経営支援に関わってきました。税務や資金繰りはもちろん、経営者のあり方や心に秘めた悩みをサポートし、継続的な事業発展に導くのが私の役目。それが沖縄の企業、何より女性たちが自分の強みを発揮してより輝き、平和で安心して暮らせる社会につながると信じています。

強み発揮し輝ける社会を

株式会社MIRAMUI(ミラムイ)代表取締役
税理士 及川始乃(もとの)さん


密に関わり継続的な成長へ
女性の活躍を多角的に応援


現金の流れを重視したキャッシュフロー経営を軸に、税務から資金運用、経営計画書の作成、人財活用まで、事業経営を細やかにサポートする及川さん。将来、AIによって仕事がなくなるとも言われている税理士だが、「確かに、税務申告や会計などはAIの得意とするところ。でも、経営者と密にコミュニケーションが必要な経営戦略や、キャッシュフローなどの計画立案、実行支援は、人にしかできない強み」

得意なことは、人の才能と魅力の発掘と、お金の流れを見える化すること。「話を聞き、受け止め、本人の中にある可能性に気付いてもらった瞬間は、とてもうれしい」。黒字に導く利益の仕組みと、資金繰り改善のヒントを伝えるキャッシュフロー経営講座は好評。「税金を抑えるために、利益は最小限にという経営をしている中小企業も多い。利益の仕組みをきちんと理解できれば、黒字も怖くなくなります」

財務のコンサルティングで、資金繰りや社員との関係性など、誰にも言えない経営者の悩みを打ち明けられることも少なくない。「目の前のお金のことでいっぱいになると、創業時に抱いた理念や社員とのコミュニケーションが、置き去りになってしまうことも。企業が継続的に成長するには、お金の流れと経営者のマインド、二つのバランスが重要」

大企業から個人事業主まで、さまざまな規模、業種の経営支援に携わった経験から導き出した答えをサポートする仕組みづくりに力を注ぐ。
 

● ● ● ● ● ●


お金の流れに興味を持ったのは、小学校高学年。短大卒業後、東京の税理士法人や相続専門税理士事務所などで実務経験を積みながら、税理士資格を取得。新人で上場企業の財務を任され、何もできない自分に落ち込んでいたとき、担当企業の専務から話がしたいと声を掛けられた。 「社員への思いや考えている計画などを聞き、バリバリ仕事のできる方にそんな悩みがあったのかとびっくり。『考えがまとまって、スッキリした。ありがとう』と言ってもらえて初めて、人の役に立てたと思えた」。表には見せない経営者の心に、寄り添う重要性を認識した体験だった。

人の考えていることや、感情に気づきやすいタイプ。「感情って、体の反応に現れるんです」。無意識にキャッチしている情報を論理的に説明できる手法がほしいと、国際ボディーランゲージ認定講師を取得。表情や姿勢、しぐさから相手の心理を理解し、お互いの感情を尊重するコミュニケーション術を、経営者支援や人の才能と魅力の発掘に生かす。

「自然の中で過ごしたい」と、毎年観光で来ていた沖縄へ12年前、家族で移住。2013年から女性起業支援事業を行い、200件以上の相談に関わった。「事業化までサポートした方が、販売法や営業でつまづき、諦めたと聞いた時、私自身が悔しくて」

女性が持っている生み出す力や共感力を生かし、ビジネスを広げるチームづくりができないか。そんな中で出合ったのが“利他の心”を理念に掲げる世界最大級の異業種交流組織・BNIだった。沖縄での組織発足から携わり、昨年9月にはディレクターコンサルタントとして、全国初の女性だけのグループを立ち上げた。「女性起業率1位の沖縄で、発足できたことに意味がある。全国の女性メンバーとの交流も深めたい」

本業では士業に特化したキャッシュフロー経営講座や、経営者のマインドにフォーカスしたセラピーも強化する。「一人一人がやりたいことや強みを生かし経済を活性化していける環境を、まずは会社という単位から実現したい。それが『ありのままでいい』とみんなが言える社会につながると思う」。未来を見据えて歩みを進める。

■(株)MIRAMUI 電話080・7827・5975

 漫画で培った「かっこいい」女性像
パステルアートで癒やしと活力 


アニメや漫画が大好きで、「小学校低学年の頃の夢は、漫画家になることだった」という及川さん。一つ年上の兄の影響で、「ジョジョの奇妙な冒険」「北斗の拳」など、少年漫画のかっこいいキャラクターにどハマり。そんな及川さんに、かっこいい女性像を根付かせたのは、「ベルサイユのばら」だった。「美しくて聡明な主人公・オスカル。男性的な強さと女性としての優しさ、その間で悩む姿に共感しました」。清楚(せいそ)な第一印象とは裏腹に、時には笑顔でサラリとむちゃ振り。目標に向かって一途に前進する及川さんの行動力と芯の強さは、まさにかっこいい女性だ。

数年前からは、パステルアートを描くことで、活力を得ている。インストラクターの資格まで取得し、ママ向けのワークショップを開催したり、作品=下参照=を描いて、毎日ブログにアップしていた時期も。植物を描いたり、人を描いたりモチーフはいろいろ。「今は自分のために描くだけ。癒やしの時間です。将来は、パステルアートを描きながら世界中を回りたい。現地の子どもたちにも描いてもらって、心の触れ合いを楽しみながら旅ができれば」。アートで世界が広がる。



 及川さんのハッピーの種 

Q.自分時間の楽しみ方は?

自然の中にまぎれることです。日々、いろいろな人とつながって、密に関わっていると、共感し過ぎて自分自身がわからなくなることがある。だからこそ、一人で集中して、自分の中にあるものを見つめる時間を大切にしています。海に行ったり山に登ったり、ヤンバルのピンときたポイントに行ったり。スマホを置いて自然と一体化することで、素の自分に戻れます。

沖縄には、自分を保てる場所がたくさんある。東京にそのまま住んでいたら、経済的には潤っていたかもしれないけど、心はカサカサだったかも(笑)。



プロフィル
おいかわ・もとの
埼玉県出身。2002年から東京の税理士法人などに勤め、08年に税理士事務所を開業。10年に沖縄へ。13年、女性起業パートナーズを創業。17年から税理士事務所ニライ勤務を経て、20年及川始乃税理士事務所を開業。21年11月、(株)MIRAMUIを設立する。税理士、キャッシュフロー経営推進全国会パートナーコンサルタント、国際ボディーランゲージ認定講師、BNI沖縄リージョンディレクターコンサルタント 


今までの彩職賢美 一覧


撮影/比嘉秀明 文/比嘉千賀子(ライター)
『週刊ほ〜むぷらざ』彩職賢美<1405>
第1818号 2022年6月9日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3149

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る