夏に食べたい爽やかなタルト|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2020年7月30日更新

夏に食べたい爽やかなタルト|ごちそうレシピ

レモンの爽やかな風味が、夏にぴったりなレモンタルト。フードプロセッサーを使うことで、タルト生地を簡単に作ることができます。


レモンの風味、酸味がおいしい

レモンタルト



材料(直径7cmのタルト型6個分)
調理目安時間30分(焼き時間、冷やし固める時間除く)
【パートシュクレ(タルト生地)】
無塩バター…………………………50g
粉砂糖………………………………50g
薄力粉……………………………120g
アーモンドプードル………………20g
全卵……………………………M玉1個
バニラエッセンス……………3~4滴
【レモンフィリング】
全卵………………………………100g
グラニュー糖………………………90g
レモン汁…………………………40ml
バター(室温に戻す)…………120g

1・タルト生地を作る。切って凍らせたバター、粉砂糖、薄力粉、アーモンドプードルをフードプロセッサーに入れて数秒混ぜる。

※バターが冷えていないと塊ができてうまく混ざらない。

2・1に卵を加えてスケッパーで混ぜる。まとまったらOK。


3・台の上にビニールをのせ、2の生地を置き、さらにビニールをかぶせ、めん棒で約3mm厚さに延ばす。
※ビニールを敷くことで、打ち粉が不要になり、サクッと仕上がる。ラップよりも厚手なビニール袋のほうが作業しやすい。


4・3の生地を型にはめて、180度に余熱したオーブンで20分ほど焼く。

5・レモンフィリングを作る。卵、グラニュー糖を混ぜ合わせて、レモン汁を加えて混ぜる。
6・5を中火にかけ、バターを加えて、ゆっくり混ぜる。火からおろして、バニラエッセンスを加える。
※とろみがつくまで加熱するのがポイント。熱の入りが足りないと、生臭くなってしまう。火が強過ぎると焦げてしまうので注意。


7・4のタルトに6を入れて、冷蔵庫か冷凍庫で冷やし固める。
仕上げにお好みで、8分立ての生クリームを絞ってチョコレートなどを添えてデコレーションする。

講師:
與那覇政儀 松本料理学院講師
ケーキの店「デュゥオ」オーナーパティシエ


 
編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1721号 2020年7月30日掲載
[スイーツ・レシピ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2069

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る