ソースで煮る濃厚な牛肉料理|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2020年7月9日更新

ソースで煮る濃厚な牛肉料理|ごちそうレシピ

「牛肉のブラウンソース煮」は、香り豊かで濃厚な味わい。「バター風味のライス」と一緒に、いかがですか。玉ネギはじっくり炒め、牛肉はサッと焼いて煮込み過ぎないことがおいしく仕上げるポイントです。

濃厚なソースがバターライスに調和

牛肉のブラウンソース煮


材料(5人分) 調理目安時間55分
牛肉(薄切り)……………250g
塩・こしょう………………各少々
小麦粉…………………………少々
サラダ油………………………適量
赤ワイン………………1/2カップ
バター……………………大さじ3
玉ネギ(薄切り)…………300g
マイタケ(またはマッシュルーム)…1袋
バター…………………………少量
小麦粉……………………大さじ2
デミグラスソース(粉末)………大さじ4~6
湯……………2~2・1/2カップ
(デミグラスソース缶1/2缶)
生クリーム………………大さじ3
(牛乳でも代用可)
塩・こしょう………………各少々


1・バターで玉ネギをあめ色になるまで焦がさないように炒め、小房に分けたマイタケ(あれば薄切りにしたマッシュルーム)を加えてさらに炒める。
真ん中をあけてバターを入れ、小麦粉を炒めた後、全体に混ぜる。
※玉ネギはしっかり炒めるとうまみとコクが出る。



2・湯で溶いたデミグラスソース(または缶詰)を加えてしばら く煮る。



3・牛肉は塩・こしょうして小麦粉を薄くまぶし、多めのサラダ油で軽く焼き目を付け、2cm幅の細切りにする。
※牛肉はサッと焼く。焼き過ぎると硬くなる。

4・牛肉を取り出した3のフライパンに赤ワインを入れ、アルコ ール分を飛ばして2にこし入れる。

5・4に生クリームと塩・こしょうを加え、3の牛肉を加えて仕上げる。



6・皿にバター風味のライスと盛り付けて供する。

 

[バター風味のライス]

米……………………………3カップ
サラダ油……………………大さじ1
玉ネギ(みじん切り)………100g
バター………………………大さじ2
スープ(熱いもの)
…………………3・1/2~4カップ
※キューブなら約1個
白ワイン……………………大さじ2
塩…………………………小さじ1/2
パセリの茎………………………2本
とろけるチーズ…………………適量
パセリ(みじん切り)……大さじ1

1・米は洗ってザルに上げ、水気を切ってそのまま30分くらい置く。

2・厚手の鍋にサラダ油を熱して玉ネギを炒め、バターを加えて米を入れ、炒め合わせる。

3・米全体に油が行き渡ったら、熱いスープと白ワイン、塩、パセリの茎を入れて普通のご飯の要領で 炊きあげる。

4・3を器に盛り、とろけるチーズ、さらしパセリ(刻んだ後、水にさらして絞ったもの)をふりかける。


講師
講師:松本嘉代子
松本料理学院学院長


 
編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1718号 2020年7月8日掲載
[ランチ・ディナー・レシピ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:234

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

TOPへ戻る