みそ汁で骨を丈夫に!|薬膳華みそで体の免疫力アップ[3]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2020年6月11日更新

みそ汁で骨を丈夫に!|薬膳華みそで体の免疫力アップ[3]

知念美智子さんが、薬膳華みそを取り入れた食事作りを紹介します。(聞き手:栄野川里奈子)





みその材料である大豆に含まれるイソフラボンには、骨量の減少を防ぎ、骨量を増やす働きがあるとされ、骨粗しょう症の予防が期待できます。

また、私は煮干しやシイタケ入りの「水だし」を愛用しています。水1リットル、煮干し60グラム、昆布10グラム、シイタケ2~3枚を保存容器に入れて前日に冷蔵庫に入れておけば、翌日にはできあがり。煮干しはカルシウム豊富ですし、シイタケにはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれています。だしに使った具材は冷凍しておいて、まとめてつくだ煮にすると、無駄なくおいしくいただけます。

 今回、トマトとモズクのみそ汁を紹介していますが、お好きな具材でお試しください。教室では、薬膳華みその作り方やだしの取り方を詳しく紹介しています。今月の教室では、みそ入りのキャラメルなどスイーツを予定しています。ぜひ、ご参加ください。



 

知念美智子さん。(有)ハイビスカスクッキングスクール校長。食育研究家。「薬膳華みそ」を考案、特許を取得。文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞受賞。沖縄県産業まつりで県知事賞受賞。毎週土曜日に薬膳みそ教室を開催。​

編集/栄野川里奈子
『週刊ほ〜むぷらざ』薬膳華みそで体の免疫力アップ[3]
第1714号 2020年6月11日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:237

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

TOPへ戻る