基本のフレンチ 魚のバターソース|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2020年5月28日更新

基本のフレンチ 魚のバターソース|ごちそうレシピ

「魚介の蒸し煮 デュグレレ風」は、白身魚にうまみの詰まったバターソースをかけた上品な一品です。

うまみの詰まったバターソース

魚介の蒸し煮 デュグレレ風


材料(4人分)
白身魚…………………50g×4切れ
エビ………………………………4尾
ホタテ……………………………4個
マッシュルーム……………6~8個
玉ネギ……………………………20g
トマト………………………1/2個
魚のだし汁……………………100ml
白ワイン………………………100ml
生クリーム………………………少量
バター……………………………60g
レモン汁…………………………少々
パセリ……………………………少々
塩・こしょう……………………少々
ゆでたポテト……………………1個
ホウレン草…………………1/4束
バター……………………………適宜


1・マッシュルームは角切り、玉ネギはみじん切り、トマトは湯むきして角切りにする。
2・ホウレン草の葉を湯がき、ザルにとって水気を切る。塩こしょうをしておく。※水っぽくならないよう、水にさらさない。

3・ポテトは皮付きでゆでておく。
4・平鍋にバターを塗り、玉ネギ、マッシュルーム、トマトを散らし、塩こしょうした魚、エビ、ホタテを入れ、白ワインと魚のだし汁を加えて強火にかけ、沸騰したらすぐに弱火にして2~3分火を入れる。※先に火が通ったものから取り出しておく。

5・魚介をすべて取り出し、煮汁を煮詰めて生クリームを加え、バターを入れて溶かし、塩・こしょう、レモン汁で調味する。



6・平鍋にバターを適宜入れて溶かして焦がし、2のホウレン草を加えてサッとあえ、皿の中央に盛る。

7・皮をむき、切りそろえて塩、こしょうしたポテトを添え、5の魚介を盛り付け、5のソースをかけてパセリを散らす。

 


講師
講師:小林光栄
松本料理学院講師、ラ・メゾンクレール1853オーナーシェフ。 電話098(963)6565


 
編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1712号 2020年5月28日掲載
[ランチ・ディナー・レシピ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:237

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

TOPへ戻る