「華美湯」でカチューユー|薬膳華みそで体の基礎力アップ[1]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2020年4月9日更新

「華美湯」でカチューユー|薬膳華みそで体の基礎力アップ[1]

毎日の食事で、基礎力をアップ! 知念美智子さんが薬膳華みそを取り入れた食事作りを紹介します。(聞き手:栄野川里奈子)



みそ作りのきっかけは、子育てです。30年以上前、長女はぜんそくでした。肺炎になっていないか確認するため、何度もエックス線検査を受け、放射線の影響が気になっていました。調べたところ、みそに放射線除去作用があることを知り、みそ汁を毎日の習慣に。みその手作りも始めました。安心、安全なみそを求めて、選びぬいた材料を使い、完成したのが「薬膳華みそ」です。娘は元気に育ち、今は3人の子のお母さんです。食べた物が体の基礎力を作る、ということを実感しました。

とはいっても、お母さんは忙しい。そこで考えたのが「華美湯(はなびゆ)®︎」=上写真。お椀にお好みで基本の玉ネギ・ショウガ・長ネギのみじん切りと薬膳華みそを入れ、温かいかつおだしを注げば即席みそ汁のできあがり。まずは、一杯のみそ汁を習慣にしてみませんか。



知念美智子さん。(有)ハイビスカスクッキングスクール校長。食育研究家。「薬膳華みそ」を考案、特許を取得。文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞受賞。沖縄県産業まつりで県知事賞受賞。毎週土曜日に薬膳みそ教室を開催。​

編集/栄野川里奈子
『週刊ほ〜むぷらざ』薬膳華みそで体の基礎力アップ[1]
第1706号 2020年4月9日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:237

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

TOPへ戻る