スープで乗り切る新年度|時短レシピでお手軽Cooking|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2019年4月4日更新

スープで乗り切る新年度|時短レシピでお手軽Cooking

時短レシピでお手軽Cooking[1]
何かと忙しい春は、手軽にできるスープで乗り切ってはいかがでしょう。「トマトのポタージュ」のベース作りは時間がかかりますが、一度作ってしまえば冷凍保存をして、いつでも本格的なスープが楽しめます。他の二つのスープは材料を切って鍋で温めるだけの簡単メニュー。ご飯を入れたり、パンを添えればエネルギーチャージに役立ちます。(真栄城悟さん)


野菜のうまみたっぷり 優しい味
トマトのポタージュ

ベースを冷凍して作り置きOK!

【材料】 仕上がり量500g分 
・ダイストマト…380~400g
・ジャガイモ…80g
・玉ネギ…1/2個(100g程度)
・ニンニク(刻み)…1片

・ブイヨン※全量は使わない
水…500ml
チキンコンソメ…小さじ1

仕上げ
・生クリーム…好み
・牛乳…好み
・バター…少々


ベースの作り方

1 玉ネギとジャガイモを薄く切っておく。ボウルに水とチキンコンソメを混ぜてブイヨンを作っておく


2 鍋にオリーブオイル(分量外)をしき、刻んだニンニクを入れて香りが出たら玉ネギを入れる。


3 玉ネギを軽く炒め、ブイヨンをスプーンで少しずつ入れながら、玉ネギがあめ色になるまで炒める。

4 3の鍋を中火にして1のジャガイモを入れてなじませ、ダイストマトを入れる。混ぜたら塩少々(分量外)振り入れる。

5 アクを取りながら、ジャガイモがはしでつついて割れる程度になるまで弱火で煮る


6 鍋の中の水分がなくなったらミキサーに 6秒かけ、スープベースが完成


★食べるときは、鍋にスープベース大さじ4杯とブイヨン、牛乳、生クリームを入れて 温め、仕上げにバターを溶かしたらOK。


時短ポイント!
製氷皿や調理用の密閉袋に流し入れて冷凍保存すれば、忙しい時にもさっと使える。



材料を切って温めるだけ!簡単スープメニュー


とろろとカニカマのスープ

【材料】1人分
・カニカマ…20g
・水菜…6g
・とろろこんぶ…2つまみ
・水…150ml
・しょうゆ…小さじ1
・白ごま…好み
・塩…1つまみ

作り方
1 カニカマを手でほぐし、水菜を食べやすい長さに切る。
2 鍋に材料を全て入れ、温めたらできあがり。

時短ポイント!
★水溶き片栗粉を使わなくても、とろろこんぶでとろみを付けられる。
★完成したスープにご飯を入れればすぐに食べられる「スープご飯」になる。




小松菜とえのきの豆乳スープ

【材料】1人分
小松菜…4g
えのき…4g
油揚げ…4g
塩こんぶ…3g
豆乳…100ml
水…50ml
塩・こしょう…少々

作り方
1 小松菜とえのきを食べやすい大きさに切る。
2 油揚げは軽く熱湯にくぐらせて油抜きをして食べ
  やすい大きさに切る。
3 鍋に材料全てを入れて火にかけ、温まったら完成。




まえしろ・さとる/県内で飲食店を展開する、株式会社ピースサイン代表。ホテルやレストランでの経験を基に、現在はメニュー開発を担当している。

時短レシピでお手軽Cooking・今までの記事一覧

毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1653号 2019年4月4日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1594

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る