県産食材を生かしたフレンチ[泡瀬フレンチ堂]|沖縄市泡瀬|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

専門店

2019年2月14日更新

県産食材を生かしたフレンチ[泡瀬フレンチ堂]|沖縄市泡瀬

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
funokinawa・食楽Search(581)

手間ひまかけ味わい深く

沖縄市泡瀬にある「泡瀬フレンチ堂」。長年ホテルで腕を振るっていた店主が県産食材を中心に使い、手間ひまかけて作るフランス料理が人気だ。

ディナーで味わえる「やんばる若鶏モモ肉のコンフィ」(1400円)は、塩こしょう、スパイスで1日マリネした山原鶏をラードで5~6時間、低温でじっくり煮込みバルサミコソースで味付けした一品。外はこんがり中はしっとり仕上がっていて、やみつきになる。

季節限定の「北海道根室産蝦夷鹿のポワレ」(2500円)は、香ばしく焼き上げられた鹿の肉にパンチの効いた黒こしょうとグリーンペッパーのソースが添えられている。歯応えがありスパイシー。栗の煮込みや栄養価が高いワイルドライスなどの付け合わせが付く。「島豚の田舎風パテ」(850円)は、豚の肩ロースと首肉、鶏レバーをマリネして塩こしょう、ワインで漬け込み、ミンチにして三日以上寝かせて熟成させている。肉のうまみが凝縮されていて味わい深い。料理を手軽に楽しめるランチも人気。価格は税別。


ディナーでおすすめの「やんばる若鶏モモ肉のコンフィ」。料理に合わせて多彩なワインも楽しめる(ハーフワイン1300円~、グラスワイン450円~)


「北海道根室産蝦夷鹿のポワレ」(右)と「島豚の田舎風パテ」


観葉植物がきれいに並ぶ同店の入り口
 

泡瀬フレンチ堂

沖縄県沖縄市泡瀬3-29-28(地図) 
098‐911‐6337

営業時間
ランチ11時30分~15時(L.O. 14時)
ディナー18時~22時(L.O.21時) 

定休日
月曜

駐車場
10台

※日曜のディナーは休み

[駐車場][全面禁煙]

https://www.awase-frenchdo.com/

<毎日のランチや友だちや家族とディナーはいかがですか? 食楽サーチ一覧へ


編集/安里則哉
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1646号 2019年2月14日紙面から掲載」

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:535

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る