パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|魚介とキノコのアヒージョ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年12月14日更新

パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|魚介とキノコのアヒージョ

糖質8.65g|低糖質レシピ[08]糖質を抑える低糖質ダイエット。飲食店を展開するPINO(ピノー)グループと週刊ほ〜むぷらざがコラボし、気軽に作れる低糖質メニューを紹介します。調理・監修はピノーグループ総料理長の真栄城悟さんです。

オイルの風味存分に

寒くなると体を温めてくれるアヒージョが食べたくなるという方も多いのでは。オイルとニンニクの風味をたっぷり楽しみながら、魚介とキノコのうま味たっぷりのアヒージョを紹介します。魚を1匹買って、「お頭付き」の盛り付けにすると、ゴージャス感もアップ。お酒との相性もばっちりのメニューで、忘新年会でホームパーティーをする方にもおすすめ。食卓を華やかに、そして温かくしてくれる一品です。


魚介とキノコのアヒージョ

糖質8.65g

[材料(2人分)]
レンコダイ 100g(お頭の部分を除く)
アサリ(冷凍のむき身) 20g
ミズダコ 15g
エノキ、シメジ、エリンギ 各20g
ニンニク 1片
オイル 150ml+魚を焼くための大さじ1
タカノツメ、しょうゆ 少々
塩・こしょう、乾燥パセリ 適宜

 

[作り方]
レンコダイを切り、調理の約5分前に塩・こしょうで下味を付ける。ミズダコは薄切りにし、キノコも適当な大きさに切り分ける。
フライパンにオイル大さじ1を入れ、レンコダイを皮目から焼き(A)、焼き目がしっかり付くまで火を通して(B)、いったん取り出す。
フライパンにオイル150ml、ニンニクを入れてから火を付け(弱火)、ニンニクの周りが泡立ってきたらタカノツメを入れ、さらに火を弱めて、キノコ、アサリを加える。
③にレンコダイを入れ、ミズダコを加えてひと煮立ちしたら、しょうゆを鍋肌から加え、すぐに火を止める。皿に盛り付け、乾燥パセリを散らして出来上がり。


 

真栄城悟さんのワンポイント

ニンニク焦がさずに

  • 魚は好みでマグロ、カジキ、シイラなどを使うとよい。サーモンでもいいが、身が崩れやすいので丁寧に取り扱う。
  • 魚に塩・こしょうをして下味を付けておくと、オイルやニンニクの風味が加わりやすくなるので、必ず下味を付ける。臭みもなくなるので、出てきた余分な水分は拭き取る。
  • ニンニクは厚めにスライスしたものを使ったが、ニンニクの風味を高めたい場合はみじん切りにする。
  • オイルはオリーブオイルだけを使う場合もあるが、今回はそれにヒマワリ油、菜種油をブレンドした。コーン油など、好みのオイルを使ってもよい。
  • キノコは食感を楽しむために大ぶりに切る。マッシュルームやマイタケもおすすめ。

  • ニンニクは焦げやすいので、オイルとニンニクを入れてから火を付けるのがポイント=写真上。弱火にしてニンニクの周りが泡立ち、香りが立ってきたらトウガラシを加えた後にはさらに火を弱める。
  • ミズダコを入れたらすぐに火を止め、余熱で火を通すことで硬くならない=下。
  • 頭の部分も一緒に買った場合は、塩・こしょうなどの下ごしらえを同じようにして、身を焼く時に一緒にフライパンで焼く。




真栄城悟
まえしろ・さとる/ピノーグループ総料理長。ホテルやレストランでの経験を基に、現在は低糖質メニューの講習会や先進地の視察などを行う。現在は総料理長としてグループ全般のメニュー開発を担当している。


◆今回紹介した「魚とキノコのアヒージョ」は浦添市城間の隠れ家ピノー、那覇市おもろまちの食彩ダイニング・ピノーで、12月18日(月)以降、メニューとして登場します。これまでこのコーナーで紹介した7種のメニューも味わうことができます。



パパッとできちゃう!! 低糖質Cooking|一覧
<パパッとできちゃう!! 低糖質Cooking>


編集/高江洲千里
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1587号 2017年12月14日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
ちぃちゃん

これまでに書いた記事:84

元企画・編集プランナー
身の回りの「はてな?」や「なるほど!」を追い求めながら、好奇心のアンテナを張り巡らせて日々、取材中。何でもやるからには「徹底的」に。そのための息抜きも大切に。メリハリのある暮らしと、メリハリのある仕事のこなし方ができるよう心がけています。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る