パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|3種のキノコのあったかサラダ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

みんなの投稿|funokinawa読者投稿フォーム

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年10月12日更新

パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|3種のキノコのあったかサラダ

糖質9.1g|低糖質レシピ[06]糖質を抑える低糖質ダイエット。飲食店を展開するPINO(ピノー)グループと週刊ほ〜むぷらざがコラボし、気軽に作れる低糖質メニューを紹介します。調理・監修はピノーグループ総料理長の真栄城悟さんです。

食感、風味を多彩に

秋の味覚の一つに挙げられるのがキノコ。糖質、カロリーも低くヘルシーさが人気の食材です。さまざまな種類があり、食感や味わい、香りもさまざま。そんなキノコを存分に楽しむことができるのが「3種のキノコのあったかサラダ」。ベーコンでうま味を出し、特製ソースで酸味とコクのバランスが絶妙の一品です。好みのキノコを数種類組み合わせて使って自分でも作ってみましょう。
 

3種のキノコのあったかサラダ

糖質9.1g

[材料(2人分)]
エリンギ、シメジ 各30g
エノキダケ 40g
ニンニク(みじん切り) 小さじ1
少々
オリーブオイル 適宜
サニーレタス 23g
水菜 90g
ブロッコリー(冷凍) 60g
ベーコン 30g
塩・こしょう 少々
【ソース】  
トマトピューレ、酢 各小さじ1
生クリーム 80ml
水、塩・こしょう 少々

 

[作り方]
エリンギは薄切り、エノキは石づきを取り除いて3~4センチ長さに切り、シメジは小房に分ける。

フライパンにオリーブオイルを入れ、3種のキノコを炒める。

キノコがしんなりしたらベーコン、ブロッコリー、ニンニクを加え、中火から強火ぐらいの火加減で少し焼き目を付ける。
③に火が通ったら、フライパンから取り出し、その中に水少々、生クリーム、トマトピューレを入れて、煮立てて、とろみが付いてきたら塩、こしょうで味を調え、仕上げに酢を加えて火を止める。
③と生野菜を皿に盛り付け、食べる時に④のソースをかける。


 

真栄城悟さんのワンポイント

好きなキノコをチョイス

  • 今回使ったキノコはエリンギ、シメジ、エノキダケですが、その他のお好みの種類を使うのもおすすめ。マイタケやマッシュルームなど、それぞれに個性ある食材なので、その時、手に入りやすいキノコを使って味わいを変えて楽しむこともできる。
  • キノコは生の場合は量が多めに見えますが、炒めるとカサが減る。ヘルシー食材なので、たっぷり味わっても低糖質で低カロリーのおすすめ食材。
  • ベーコンやブロッコリーを加えたら、少し火を強めにして少し焦げ目を付けると、風味がアップする。
  • トマトは低糖質メニューではあまり使わないが、トマトを煮詰めたトマトピューレを少し加えるだけで、酸味に加え、色合いも華やかになる。トマトピューレはケチャップとは異なり、糖分が低い。

生クリームと酢もOK

  • 糖質が気になる場合はトマトピューレを使わずに、生クリームと酢のみを使ったソースにするとよい。その際は、酢を現在の分量より少し多めにすることによって、ソースの味が締まる。
  • 今回のソースは魚料理にも合う。その際は仕上げにバターを加えるとよい。
  • ソースにニンニクを加えて煮詰めると、異なる風味になる。
  • ソースは分離するので、かける時はよく混ぜる。






真栄城悟
まえしろ・さとる/ピノーグループ総料理長。ホテルやレストランでの経験を基に、現在は低糖質メニューの講習会や先進地の視察などを行う。現在は総料理長としてグループ全般のメニュー開発を担当している。

◆今回紹介した「3種のキノコのあったかサラダ」は浦添市城間の隠れ家ピノー、那覇市おもろまちの食彩ダイニング・ピノーで、10月16日(月)以降、メニューとして登場します。これまでこのコーナーで紹介した5種のメニューも味わうことができます

 

<パパッとできちゃう!! 低糖質Cooking>


編集/高江洲千里
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1578号 2017年10月12日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ちぃちゃん

これまでに書いた記事:64

プランナー(企画・編集)
身の回りの「はてな?」や「なるほど!」を追い求めながら、好奇心のアンテナを張り巡らせて日々、取材中。何でもやるからには「徹底的」に。そのための息抜きも大切に。メリハリのある暮らしと、メリハリのある仕事のこなし方ができるよう心がけています。

funokinawa コラム一覧

TOPへ戻る