エベレスト カリーハウス[糸満市糸満]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

専門店

2017年8月17日更新

エベレスト カリーハウス[糸満市糸満]

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
funokinawa・食楽Search(508)

インドやネパール出身シェフが手掛ける

本場のカレーを多彩に

エベレスト カリーハウス」(糸満市)は、スパイスなどの調味料をインドから取り寄せ、インドやネパール出身のシェフが手掛ける本場のカレーが自慢だ。
「カリー2種類セット」(1300円)は、マトンやベジタブルなど10種類のカレーから2種類、ナンもプレーンや黒ゴマ、チーズなど5種類から選べる人気メニュー。取材時は、カレーに「バターチキン」と「ほうれん草チキン」、ナンは「ゴマナン」をチョイス。「バターチキン」にもちもちで香ばしいナンを浸していただく。トマトの程よい酸味にチキンや野菜のうまみ、バターと牛乳のまろやかさが相性良く絶品。 
「ほうれん草チキン」は、ホウレン草の甘みが感じられ、チキンが味に深みを与えている。辛さが足りない人は、中辛から激辛までの辛さがあり、好みの味を選べる。同メニューには、スープとサラダも付く。そのほか、炭火で焼き上げたタンドリーチキンのメニューも充実。インドやネパールのビール(600円~)もあるので一緒に味わって。



手前右が「バターチキン」、左が「ほうれん草チキン」。中が「ゴマナン」。プラス150円でナンのおかわりも可能。奥は右から、国際ラムフェスティバルで金賞を受賞したネパールのラム酒「ククリラム」、「ネパールアイスビール」、「エベレストビール」


店内にはテーブル席や座席、カウンターも。子連れや一人でも気軽に食事を楽しめる


 

エベレスト カリーハウス

沖縄県糸満市糸満1292 2階(地図
098-992-5600
ランチ11時~15時
ディナー17時~23時(L.O.22時30分)
第2・第4木曜定休
駐車場有り

そのほかのおすすめは「ネパール餃子」(500円)、「チキンビリヤニ」(500円)、「マトンビリヤニ」(600円)、「お子様セット」(550円)など

食楽サーチ一覧へ
 


ライター/安里則哉
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ「第1570号 2017年8月17日紙面から掲載」

専門店

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:495

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る