パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|しらたきのピリ辛フォー|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

みんなの投稿|funokinawa読者投稿フォーム

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年8月10日更新

パパッとできちゃう! 低糖質COOKING|しらたきのピリ辛フォー

糖質3.39g|低糖質レシピ[04]糖質を抑える低糖質ダイエット。飲食店を展開するPINO(ピノー)グループと週刊ほ〜むぷらざがコラボし、気軽に作れる低糖質メニューを紹介します。調理・監修はピノーグループ総料理長の真栄城悟さんです。

歯ごたえを楽しんで

今回はベトナム料理で米の麺・フォーをしらたきに替えた「しらたきのピリ辛フォー」。ナンプラーを使ったエスニックの風味あふれるスープと、しらたきの歯応えを楽しんでください。

しらたきのピリ辛フォー

糖質3.39g
しらたきのピリ辛フォー|低糖質レシピ

[材料(1人分)]
しらたき 100g
鶏もも肉 40g
モヤシ 20g
<スープの材料>  
250ml
ナンプラー 大さじ1
コンソメスープの素(顆粒) 小さじ1
※あればライムかレモン、水菜かパクチー 適宜

 

[作り方]
しらたきは一度、下ゆでをして、湯切りをしておく。
鶏もも肉を棒状に切る。
なべに水、②の鶏もも肉を入れ、ひと煮立ちしたらナンプラーを加え、火が通るまで煮る。
③にモヤシを入れる。
④にコンソメスープの素を入れ、煮立ったら①のしらたきを入れる。
器に盛り付け、水菜かパクチーを添え、レモンまたはライムを乗せると出来上がり。


 

真栄城悟さんのワンポイント

下ゆでを忘れず

  • しらたきは下ゆでをすることで、独特のにおいを取り除くことができるので、手間を惜しまずに必ず下ゆでをして。
  • 鶏肉は今回、程よく油のあるもも肉を使ったが、さっぱりと食べたい場合は胸肉にしてもOK。
  • ナンプラーには糖質が含まれているが、エスニック風味を出すには欠かせない調味料。
  • コンソメスープは、鶏ガラスープの素に替えても良い。

スープは濃いめに

  • しらたきは味を含まないため、スープを濃いめにするのがコツ。
  • ライムやレモンといった果物には糖質が含まれているが、味のアクセントになるため今回は使用した。

仕上げは手早く

  • 辛さを加えたい場合は、ラー油を加えても良い。
  • ナンプラーだけでなくパクチーを使うと、よりエスニック風味が増す。
  • 一つのなべで一気に仕上げることができて、後片付けも楽々なのも今回の料理のポイント
  • 作り方の過程で④にモヤシを入れた後は、モヤシのシャキシャキ感を残すために手早く仕上げる。
  • 土鍋に作って取り分けながら家族やグループで食べるものおすすめ。





真栄城悟
まえしろ・さとる/ピノーグループ総料理長。ホテルやレストランでの経験を基に、現在は低糖質メニューの講習会や先進地の視察などを行う。現在は総料理長としてグループ全般のメニュー開発を担当している。


◆今回紹介したしらたきのピリ辛フォー」は浦添市城間の隠れ家ピノー、那覇市おもろまちの食彩ダイニング・ピノーで、2017年8月14日(月)以降、メニューとして登場します。これまでこのコーナーで紹介した「豚肉のソテー 赤のソース煮込み」「白身魚のポワレ」「肉みそ卵豆腐」も味わうことができます。


<パパッとできちゃう!! 低糖質Cooking>


編集/高江洲千里
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1569号 2017年8月10日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ちぃちゃん

これまでに書いた記事:59

プランナー(企画・編集)
身の回りの「はてな?」や「なるほど!」を追い求めながら、好奇心のアンテナを張り巡らせて日々、取材中。何でもやるからには「徹底的」に。そのための息抜きも大切に。メリハリのある暮らしと、メリハリのある仕事のこなし方ができるよう心がけています。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る