ナントゥンス|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年2月23日更新

ナントゥンス|沖縄のごちそうレシピ

身近な料理にも、体にいいものやおいしく食べる先人の知恵が詰まっています。
講師:松本嘉代子(松本料理学院学院長)



庶民の中でよく食べられてきたナントゥンス。ヒハチが効いた昔ながらの味です。

ナントゥンス

材料
もち粉/500g
砂糖(ザラメ)/150g
ヒハチ/小さじ1
水/1・1/2カップ
ピーナツ/18個
赤みそ/110g
ピーナツバター/25~30g
白ゴマ/少々
サンニン(月桃)の葉/大3枚

作り方
1.赤みそとピーナツバターを混ぜておく。
 ※みそは色が濃いものを使うと、味もしっかりし、色がきれいに仕上がる。
2.もち粉、砂糖、ヒハチを混ぜて分量の水を少しずつ入れ、固めに練って①を加え、さらに練り混ぜて3~4等分にする。
 ※食べやすく小型にしてもよい。
 ※水の量は粉の状態によって調整する。

3.等分したものを長方形に整えて、サンニンの葉の裏側に乗せる。
 ※亀裂がなくなるまで丸めてから、形を整え、指先でなく手のひらを使ってたたくように広げていく。
4.皮をむいて、二つに割ったピーナツで十文字の飾りをつけて、白ゴマを散らして強火で30分ほど蒸す。表面が乾いたらできあがり。

<完成>


身近な料理に先人の知恵
クリジューシー
チキナーチャンプルー

ごちそうレシピ一覧

講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。

 


編集/柳田敏孝
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1545号 2017年2月23日掲載
[レシピ・ナントゥンス・琉球料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る