冬の味覚をたっぷりと|沖縄都ホテル|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

ホテル

2016年11月24日更新

冬の味覚をたっぷりと|沖縄都ホテル

11月24日は数字の語呂合わせで「いいにほんしょく」となる「和食の日」。伝統的な日本の食文化について見直し、和食文化の保護や継承の大切さについて考える日となっています。素材の持ち味を生かす職人技が光る和食。県内で味わうことができるお店を紹介します。丁寧な仕事で彩られた和食を堪能してはいかが?

冬の味覚をたっぷり使ったメニューが味わえる沖縄都ホテル(那覇市)の和風料理「祇園」。おすすめは12月限定の「白雪御膳」。季節の野菜や魚介類を使った趣あふれるコース料理だ。前菜はカニやあんきも豆腐などを盛り合わせ。さらに、ゴマ油風味の牛すきしゃぶ、爽やかな香りと味わいの柚子味噌焼きなど、多彩な和食が並ぶ。
通常4100円(税・サ込)が、平日ディナーの前日まで予約の場合と、2日前までのランチタイム予約お得な3600円(同)になるので、早めの予約を!


冬の味覚たっぷりの白雪御膳は12月1日(木)〜31日(土)まで味わうことができる


鮭の粕汁をアレンジした鮭の粕汁煮込みは、野菜もたっぷり



沖縄都ホテル
沖縄県那覇市松川40(地図
098-887-1112
11時30分〜14時、18時〜22時(L.O.は各30分前)
 
『週刊ほーむぷらざ』和食をたのしむ
第1532号 2016年11月24日掲載

ホテル

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2618

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る