茄子と青菜の辛子醤油和え|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2024年6月13日更新

茄子と青菜の辛子醤油和え|ごちそうレシピ

[だし生かす料理 一品足しにも]
今回はピリ辛が食欲をそそる「茄子(なす)と青菜の辛子醤油(からししょうゆ)和(あ)えを紹介。だしを生かした家庭料理で、一品足しにもおすすめです。
照屋裕子(松本料理学院講師)

毎日のレシピ

タグから記事を探す
茄子と青菜の辛子醤油和え
食感が楽しい茄子と青菜の辛子醤油和え

【材料(4人分) 調理目安時間20分】

ナス……………………2本

青菜(小松菜など)…140グラム
塩………………………適量

〈からししょうゆ〉
練りからし……………小さじ2/3
しょうゆ………………大さじ2
砂糖……………………小さじ2/3
だし汁…………………大さじ1


【作り方】
 ナスはガクを取り、皮目に数カ所穴を開け、グリルを使い中火で焼く。身が軟らかくなったらバットに取りラップをかけて5分程度蒸らす。熱いうちに皮をむき=写真、ヘタを切り落とす。食べやすい大きさに切る。


 青菜は根を切り落とし株に十文字(太い場合は切る数を増やす)に切り込みを入れ、しばらく水に浸しておく。よく洗い、たっぷりの熱湯に塩を入れて、根元から先にゆで、葉の部分も入れる。沸騰したら裏返す。再沸騰してきたら冷水に取りよくさらす=写真。青菜の水気を絞り、しょうゆ洗い=下記下準備の基本を参照=して再び絞る。ナスの長さに切り分ける。

 練りからしをしょうゆでときのばし、砂糖、だし汁を加えてからししょうゆをつくる。

4 水気を切った材料をあえ、器に盛り付ける。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

料理の基本をおさえよう!
調理の過程でよく耳にする料理の基本用語などをピックアップして紹介します!

だしの取り方

〈かつおとコンブの一番だし・二番だし〉


〈材料〉(2カップ必要な場合)
水2+1/2カップ
だしコンブ5センチ
削りかつお10グラム

〈一番だし手順〉(写真左)
 水・コンブを鍋に入れ、30分置く(コンブだし)。

 そのまま火にかけ、70度くらい(鍋内側、コンブに泡が付く)でコンブを取り出す。

 削りかつおを加え、沸騰直前で火を止める。アクを引き、5分ほど置く。

 静かにこす(絞らない)。


〈二番だし手順〉(同右)
 一番だしのだしがらに、一番の半量程度の水・少量の削りかつお(コンブでも可)を加えて沸かす。

 煮立ったらアクを引いて中火にし、2~3分程度煮出す。

 こす(しっかり絞る)。


下準備の基本

〈しょうゆ洗い〉


食材に少量のしょうゆをかけた後、余分な水分を切ること。野菜に薄く下味がつき、あえる調味料の味のりが良くなる。主にあえ物やおひたしを作る際に用いられる。


照屋裕子(松本料理学院講師)
『週刊ほ~むぷらざ』ごちそうレシピ
第1923号 2024年06月13日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る