色とりどりのバラが咲くご当地スイーツ|青森県のチリリンアイス|北谷町宮城|食楽search|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

専門店

2023年7月13日更新

色とりどりのバラが咲くご当地スイーツ|青森県のチリリンアイス|北谷町宮城|食楽search

2022年6月にオープンした「青森県のチリリンアイス」。

色とりどりのバラが咲くご当地スイーツ
昭和レトロな青森アイス

2022年6月にオープンした「青森県のチリリンアイス」。青森県では昔から親しまれているご当地アイスで、リヤカーや軽トラックで、鈴を鳴らしながら売り歩く昔ながらのスタイルが特徴。「カランカランアイス」や「チンチンアイス」とも呼ばれている。アイスクリームとシャーベットの中間のようなシャリシャリ食感のさっぱり味で、乳製品・卵不使用のため、アレルギーの人も安心して味わえる。

店主の今西牧子さんは、幼いころの思い出のアイスを沖縄でも食べたいと、青森県弘前市の人気店「金正藤田正紀商店」から商品を取り寄せたことをきっかけに、店をオープンした。フレーバーは、いちご、バナナ、メロンなど6種類あり、常時5種類を販売。青森ではおなじみの甘みの強いスチューベンという品種を使ったぶどう味や、果肉も入ったりんご味もおすすめ。1色だけでなく、全フレーバーをのせるカラフルな盛り付けも可能。アイスをヘラですくって、花のように盛り付ける「バラ盛り」(曜日限定)は、写真映えすると大人気。

オリジナルメニューの「チリリンソーダ」は、アイスが溶けていくと少しずつ甘みが加わり、味の変化を楽しめる。料金は全て税込み。
 
左から、甘さ控えめのソーダにお好みのアイスをのせた「チリリンソーダ」(400円)、花のようにきれいに盛り付けされた「バラ盛り」(400円)、本日のフレーバーを全部乗せた「全部盛り」(400円)



「子どもが大好きなチリリンアイス。大人も懐かしい味と言ってくれます」と話す店主の今西さん


学校帰りや散歩途中に立ち寄る人も多いアットホームな雰囲気


店の外観。北谷町立浜川小学校の目の前、交差点の角に立つテイクアウト専門店

青森県のチリリンアイス

北谷町宮城1-470
電話=080(7448)1687
営業時間=11時~18時
定休日=月曜、水曜
全面禁煙

文・松島成子(ライター)
『週刊ほ〜むぷらざ』食楽seach
第1875号 2023年7月13日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4177

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る