[沖縄]手作りに挑戦!クリスマスレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2022年12月8日更新

[沖縄]手作りに挑戦!クリスマスレシピ

「シンプルでかわいい」「SNS映えする」と韓国で人気の「センイルケーキ」。センイルとは韓国語で誕生日という意味(誕生日ケーキ)。フルーツを華やかに飾ったりせず、スポンジケーキにクリームを塗り、シンプルなメッセージを施すスタイルが主流。今回は、主流のセンイルケーキにクリスマスらしいデコレーションを加えたセンイルケーキ風「スポンジクリスマスケーキ」を紹介します。


 手作りに挑戦!クリスマスレシピ 
「センイルケーキ」をアレンジ

【材料】
スポンジ生地 5号(直径15㌢×1台)
全卵2個120g
上白糖85g
薄力粉54g
牛乳20ml
無塩バター15g
バニラエッセンス少々
生クリーム300g
グラニュー糖5g
イチゴ3~5粒
クリスマスオーナメント適宜


[作り方]
 ボウルに全卵を入れ、ハンドミキサーでほぐし=写真①、上白糖を混ぜ合わせる。

50度前後の湯せんにかけ、卵を40度に温める。※卵の色が少し濃くなったらお湯からはずす。その後、しっかりと泡立てる。空気を含んだ「リュバン状」(泡立て器で生地をすくい上げた際、リボンのような帯状で流れ落ちる状態)にする=②。


 ミキサーを低速にして、約1分泡を整える(細かい気泡でキメが整い均一な状態が理想)。生地に大きな泡がなくなりツヤが出てきたらOK。

 2度こした薄力粉を2に混ぜ合わせる=③。

粉を入れたら、ヘラを使用。最初はヘラを当てる位置を固定し、ボウルを回転させて、生地の上部を混ぜる。その後、底から返して、全体を大きく混ぜる。
※混ぜ過ぎると生地の空気がつぶれてしまうので注意する。

 牛乳、バター、バニラエッセンスを湯せん(50度くらい)で溶かし3と混ぜ合わせる。

 残5号のデコ缶に紙を敷き、4の生地を流し=④、170度のオーブンで30~40分しっかり焼成する。


 生地が焼き上がったら、上部のでこぼこした部分を切り取り、3等分にカットする=⑤。


 生クリームにグラニュー糖を加えて泡立てる=⑥。


スポンジの1枚目にはクリームのみを、重ねた2枚目には生クリームとスライスしたイチゴを乗せる=⑦。

※生クリームはできるだけはみ出さないようにし、中央が厚くならないように均等に広げる。

 一番上の3枚目のスポンジを重ねて上部にクリームを乗せて広げ、最後に側面を仕上げる=⑧。


 クリームを塗り終えたら、冷蔵庫で冷やす。表面のクリームが少し硬くなったら、取り出し、再度クリームでコーティングする。

クリスマス用にデコレーション

1 食用色素などで色付けした 生クリームを星口金を付けた 搾り袋に入れ、ツリーなど好みの模様を搾る。


2 皿に薄くスライスした白桃を並べ、ロールケーキを置く。イチゴとクリスマスの飾りをつけ、粉糖をかけて完成。

※ケーキに直接文字を入れるのは、やり直しがきかないだけに最も気を使う工程だ。直接ケーキに手を置くわけにはいかず、利き手が安定しないからだ。そこで、右利きの人なら、左手で右手首付近を支えながら書いてみて。または、ケーキと同じ高さのもので手の置き場をつくり、肘を置くなど工夫を。


※赤やピンクなど好みの色を作る際、ホワイトチョコを溶かして、食用色素などで着色してチョコをつくるのが手間という人もいるはず。そんな時は、100円ショップなどでも手に入るデコペンを使うのもいい。


3 トッピング用にチョコ、 砂糖などでかたどった星や アザランなどを乗せるとよ り華やかなイメージに。


4 クッキーなどをケーキの 周りに施すと、よりにぎや かな雰囲気に。

※クリスマスをイメージさせるモチーフの選定も大事。サンタや雪だるま、星やツリー、クリスマスリースに星の結晶など、お好みのモチーフを選び、映えるデコレーションを楽しんで。

◆教えてくれた人◆

與那覇政儀さん
ケーキの店「デュゥオ」オーナーパティシエ
☎098・888・3678



 

『週刊ほ〜むぷらざ』クリスマスレシピ
第1844号 2021年12月8日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4292

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る