[沖縄・レシピ]夏にぴったりの沖縄料理|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2022年9月8日更新

[沖縄・レシピ]夏にぴったりの沖縄料理|ごちそうレシピ

今回は、沖縄の夏野菜であるモーウイを使った「モーウイ イリチー」、「モーウイの甘酢漬」や「芋くじアンダギー」の沖縄料理3品を紹介します。
名嘉裕子(松本料理学院講師)

毎日のレシピ

タグから記事を探す
シャキシャキの歯ごたえ
モーウイの甘酢漬


【材料(5人分) 調理目安時間15分】

モーウイ…………500g(正味)
塩……………………………20g
氷砂糖……………………200g
水…………………………1カップ
酢……………………大さじ3~5

【作り方】
 モーウイを洗って、縦に2つ割りにして皮と種を除き、薄切りにして分量の塩で下漬けをする。
 鍋に氷砂糖と水を入れ火にかけ煮溶かし、冷ましておく。
 1がしんなりしたら、布巾に包んでよく絞る=写真(1)。

 容器に2と3と酢を入れて漬け込む=写真(2)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豚肉のうまみたっぷり
モーウイ イリチー

【材料(5人分) 調理目安時間30分】

モーウイ………………1.2kg
サラダ油……………大さじ2~3
豚三枚肉(ゆで)…………80g
かつおだし・豚だし…………合わせて1カップ~※かつおだしだけでもよい
塩…………………………小さじ1
しょうゆ………………………少量


【作り方】
 モーウイを洗って、縦に2つ割りにして皮と種を除き=写真(1)

厚さ5ミリ~1センチに切る=写真(2)。

 ゆでた豚三枚肉を短冊に切る。
 鍋にサラダ油を熱し、豚三枚肉を入れて脂がジリジリと出てきたら、モーウイを入れて強火で炒める。全体に油がまわったら、だしを鍋肌から加える=写真(3)。

 途中で煮減りしたら数回に分けてだしを鍋肌から加える。
 モーウイが軟らかくなったら塩としょうゆを加え=写真(4)味が浸透するまで煮込む。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちもちした食感
芋くじアンダギー


【材料(5人分) 調理目安時間30分】

サツマイモ(紅芋)……300g(正味)
芋くず……………………210g
かつおだし……3/4カップ前後
塩………………小さじ1と1/2
ニラ…………………………45g
揚げ油…………………………適量


【作り方】
 サツマイモ(紅芋)を洗って3~4等分の輪切りにして、水につけてあく抜きをした後、蒸す(またはゆでる)。皮をむき、熱いうちに裏ごしにかけ=写真(1)、300g量る。

 ニラを洗って水気を取り、5ミリくらいに切る。
 分量のだしに塩を溶かす。
 ボウルに芋くずを入れ、3を少しずつ加えて練り混ぜ、1を加えてほどよい固さになるまでこねる。
 4に2を加え、さらに混ぜ合わせる。
 5をひと握り取って、丸く団子状にして亀裂が無くなったら小判型に形を整え、右手の指3本で指型を付ける=写真(2)。

 揚げ油を中温(170℃)に熱して6を入れ、浮き上がってきたら返して、180℃にして1~2分揚げる。
※芋くじアンダギーは、冷めると味が落ちるので、なるべく温かいうちにいただくとよい。

講師/名嘉裕子(松本料理学院講師)
『週刊ほ~むぷらざ』ごちそうレシピ
第1831号 2022年9月8日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る