[沖縄・レシピ]手軽に作れる洋風料理|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2022年5月12日更新

[沖縄・レシピ]手軽に作れる洋風料理|ごちそうレシピ

香ばしいニンニクが食欲をそそる「チキンガーリックソテー」、ブロッコリーの食感や味わいがマッチした「ブロッコリーのソースパスタ」、野菜をさいの目切りした「マセドアンサラダ」の洋食3品を紹介します。照屋裕子(松本料理学院講師)

ブロッコリーたっぷり
ブロッコリーのソースパスタ
ブロッコリーのソースパスタ

【材料(4人分) 調理目安時間15分】

ショートパスタ …………300g
ブロッコリー………大きめ1株
ベーコン……………………3枚

サラダ油………………小さじ1

水 ……………カップ3と1/2~
塩………………………小さじ1
ホワイトペッパー…………少々
無塩バター……………大さじ3
牛乳 ………………カップ1/4~


【作り方】
 ブロッコリーは小房に分け、茎は皮をむいて1センチ角に切る。ベーコンは1センチ幅に切る。

 鍋にサラダ油を熱し、ベーコンを強火でさっと炒める。ショートパスタ、ブロッコリーを入れてひと混ぜし、塩を加えパスタがひたるくらいの水を入れて沸かす=写真。沸いてきたら火を弱め、ふたをしてパスタのゆで時間を目安に加熱する。時々かきまぜること。
2 鍋にサラダ油を熱し、ベーコンを強火でさっと炒める。ショートパスタ、ブロッコリーを入れてひと混ぜし、塩を加えパスタがひたるくらいの水を入れて沸かす=写真。沸いてきたら火を弱め、ふたをしてパスタのゆで時間を目安に加熱する。時々かきまぜること。

 パスタが好みの硬さになったところで、仕上げにホワイトペッパー、バター、牛乳を加える。ブロッコリーの房をヘラで崩しながら混ぜて仕上げる=写真。
3 パスタが好みの硬さになったところで、仕上げにホワイトペッパー、バター、牛乳を加える。ブロッコリーの房をヘラで崩しながら混ぜて仕上げる=写真。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニンニクが香ばしい
チキンガーリックソテー
チキンガーリックソテー

【4人分 調理目安時間20分(鶏肉を漬け込む時間は除く)】

鶏手羽中……………………12本
サラダ油……………………適量
添え野菜……………………適宜
レモン ……………………1/2個

マリネ液
おろしニンニク…………1片分
タイム(ホール)……小さじ2
塩……………………小さじ1強
ホワイトペッパー…………適量
白ワイン ……………カップ1/2


【作り方】
 ビニール袋にマリネ液を合わせる。

 鶏手羽中は、裏面(皮がない方)の骨に沿って切れ目を入れる=上写真。切れ目に指を入れ、骨の両側からしごくように身離れを良くしておく=下写真。
2 鶏手羽中は、裏面(皮がない方)の骨に沿って切れ目を入れる=上写真。切れ目に指を入れ、骨の両側からしごくように身離れを良くしておく=下写真。

 2をマリネ液に漬け込む=写真。時々もみこみながら30分ほど漬け込んで味をよくなじませる。
3 2をマリネ液に漬け込む=写真。

 底の広いフライパンに多めの油を中火で熱し、汁気を拭き取った3を並べ、盛り付ける時に上になる手羽中の表面から先にこんがり色が付くまで焼く。皮がパリッとするまでしっかり焼くと風味が増しおいしく仕上がる。

 焼き色が付いたら裏返し=写真、中まで火が通るようにふたをして弱火でじっくり焼く。
5 焼き色が付いたら裏返し=写真、中まで火が通るようにふたをして弱火でじっくり焼く。

6 器に彩りの野菜、レモンと共に盛り付ける。
 ※骨付きもも肉を使用するとより華やかな印象になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さいの目切りのサラダ
マセドアンサラダ
マセドアンサラダ

【材料(4人分) 調理目安時間15分(野菜のゆで時間を除く)】

ジャガイモ ………………200g
ニンジン……………………30g
キュウリ …………………1/2本
セロリ ……………………1/3本
プロセスチーズ……………40g
サラダ菜等…………………適宜
トマト………………………適宜

酢……………………………少々
塩、こしょう………………少々
マヨネーズ……………大さじ4


【作り方】
1 ジャガイモは皮付きでゆで、皮をむいて芽を取り1センチの角切りにする。ニンジンは皮をむき、塊のままでゆでて1センチの角切りにする。キュウリは板ずりをして=写真、セロリは筋を取り、チーズもすべて1センチの角切りにする。
1 ジャガイモは皮付きでゆで、皮をむいて芽を取り1センチの角切りにする。ニンジンは皮をむき、塊のままでゆでて1センチの角切りにする。キュウリは板ずりをして=写真、セロリは筋を取り、チーズもすべて1センチの角切りにする。

2 ボウルに1を入れ=写真、酢・塩・こしょうで下味をつけ、マヨネーズであえる。※マヨネーズは、ジャガイモの粗熱がとれてから入れる。
2 ボウルに1を入れ=写真、酢・塩・こしょうで下味をつけ、マヨネーズであえる。※マヨネーズは、ジャガイモの粗熱がとれてから入れる。

 器に盛り付ける。お好みでトマトやサラダ菜を添えてもよい。


講師/照屋裕子(松本料理学院)
『週刊ほ~むぷらざ』ごちそうレシピ
第1814号 2022年5月12日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3043

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る