[沖縄・グルメな“お店”紹介]イマイユの魅力を発信[食工房 まほろば]|糸満市糸満|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

専門店

2021年7月22日更新

[沖縄・グルメな“お店”紹介]イマイユの魅力を発信[食工房 まほろば]|糸満市糸満

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
funokinawa・食楽Search(687)

うま味たっぷり! 海人(うみんちゅ)のまちの新名物

家族ぐるみで、魚の魅力を紹介している「食工房まほろば」(糸満市)。中身汁やイカスミ汁、魚フライの他、サメを使った「メガシャークバーガー」などユニークなメニューも話題の店。

イチオシは、糸満近海で捕れたキンメダイ「かりゆしキンメ」を使った煮付けや汁もの。2年前に商品化された糸満の新しい特産品で、弾力のある身とうま味が特徴の貴重な魚。窒素を使った特別な船倉を導入し、鮮度を保ったまま港に運んでいる。

併設する海産物販売所の「Noah’s(ノアズ) ark(アーク)」はセリ権を持っており、沖縄近海で捕れた新鮮な魚や生モズク、冷凍したイカスミ汁などを販売。入荷状況はインスタグラムなどSNSで確認を。また、かりゆしキンメの濃厚なだしを存分に楽しめる「かりゆしキンメしゃぶしゃぶ」(4500円)もおすすめ。贈答品にもぴったりで、県民のみ初回割引(3600円)。

料金は全て税込み。平日のみ予約可能。テークアウトもできるが、汁ものは鍋持参。



糸満の新しい特産品・かりゆしキンメを使った人気メニュー。手前左は「金目鯛煮付け定食」(1400円)、手前右は「金目鯛魚汁定食」(1500円)。定食には、魚フライ、久米島産モズク酢、サラダ、ごはんなどが付く


多良間産黒糖で作ったシャーベットがのった「黒糖ぜんざい」(500円)


迫力満点のカジキのイラストが目印。オープンテラスと屋内席を用意


食工房 まほろば

糸満市糸満2228
電話090(6859)7431 

営業時間
10時30分~14時30分(L.O.)

定休日
火曜

駐車場
11台

[全面禁煙][駐車場]

※営業時間などの変更は、公式サイトやLINEなどで要確認

<毎日のランチや友だちや家族とディナーはいかがですか? 食楽サーチ一覧へ


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1772号 2021年7月22日紙面から掲載」

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2542

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る