肉感たっぷりのハンバーグ|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2021年1月28日更新

肉感たっぷりのハンバーグ|ごちそうレシピ

今回は、人気の家庭料理を紹介。「牛薄切り肉のハンバーグ」は、牛薄切り肉を使い肉感がたっぷり感じられる。「ニンジンとオレンジのサラダ」はオレンジのさわやかな酸味が広がる一品。「コーヒーのデザート」は、ほろ苦くまろやかな味わいが楽しめます。


牛肉のうまみあふれる
「牛薄切り肉のハンバーグ」

【材料(4人分) 調理目安時間45分】
タマネギ…………………………250g
サラダ油…………………………大さじ1

パン粉……………………………15g
牛乳………………………………80ml

卵…………………………………1/2個
ナツメグ…………………………小さじ1
牛肉の薄切り……………………400g
塩…………………………………小さじ1弱
黒コショウ………………………適量
コーンスターチ…………………小さじ2
サラダ油…………………………大さじ2

赤ワイン(白ワインでも可)…50ml
ウスターソース…………………大さじ1
ケチャップ………………………大さじ4
デミグラスソース………………大さじ2~3


【作り方】
 タマネギは薄くせん切りにし、サラダ油を入れたフライパンで4~5分よく炒めて冷ましておく。

 パン粉と牛乳を一緒にして、しとらせておく。

 ボウルに牛肉の薄切り、タマネギ、パン粉、卵、ナツメグ、塩、黒コショウ、コーンスターチを入れて粘りが出るまでよく混ぜる=写真。


 4等分にし、小判型に形を整え、サラダ油を敷き、中火で温めたフライパンにハンバーグを入れて片面に焼き色をつける。

 焼き色がついたら裏返してフタをし、蒸し焼きにする。(ハンバーグをフライパンに入れたら、真ん中を軽く押してくぼみをつくる)

 ハンバーグが焼けたら皿に取り出し、赤ワインを加えてアルコールを飛ばす=写真。


 ウスターソースとケチャップ、デミグラスソースを加えて煮立て、ソースを作り、ハンバーグにかける。




さっぱりした味わい
「ニンジンとオレンジのサラダ」

【材料(4人分)/調理目安時間15分】
ニンジン……………………220g(約1本半)
塩……………………………小さじ1/2強

オレンジ……………………1個

《ドレッシング》
レモン汁……………………小さじ2
酢……………………………大さじ1
砂糖…………………………小さじ1/2
オリーブオイル……………大さじ3
塩……………………………小さじ1/4
コショウ……………………少々
刻みパセリ…………………適宜

【作り方】
 ニンジンは細めの野菜おろし器でおろし、塩をふって5~10分ほど置く。水気が出たら軽く絞る。

 オレンジは、包丁で皮を落とし=写真、1房ずつ切り出す。ひと口大にカットしておく。


 タッパーにドレッシングの材料を入れ、シェイクする。

 ボウルにニンジン、オレンジ、ドレッシングを入れ=写真、よくあえる。






甘みと苦味の一体感味わう
「コーヒーのデザート」

【材料(4人分)/調理目安時間15分】
水……………………………………15ml
粉ゼラチン…………………………5g

牛乳…………………………………200ml
生クリーム…………………………100ml
砂糖…………………………………20~30g
インスタントコーヒー粉…………大さじ2強

飾り用コーヒーチョコ(市販)…適宜

【作り方】
 計量カップに水を入れ、粉ゼラチンをふり入れてふやかしておく。

 小さめの鍋に牛乳、生クリーム、コーヒー粉、砂糖を入れて中火で温め、沸騰直前に火を止める。

 火を止めたらゼラチンを加えて=写真=よく混ぜ、溶かす。


 ボウルに移し、まわりを氷水で冷やし、ゴムベラでゆっくり混ぜながら、とろみがつくまで冷やす=写真。


 グラスやカップに移して=写真、冷蔵庫で冷やし固める。固まったら市販のコーヒーチョコやチョコをのせる。


講師/がなは理恵子(松本料理学院 講師)
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1747号 2021年1月28日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2423

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る