イイダコが丸ごと入ったうるま市の新名物[沖縄イイダコ屋 太陽]|うるま市前原|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

パン・スイーツ

2020年9月10日更新

イイダコが丸ごと入ったうるま市の新名物[沖縄イイダコ屋 太陽]|うるま市前原

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
funokinawa・食楽Search(653)

インパクト抜群のたこやき

うるま市を中心とした県内の農水産物を直売する「うるマルシェ」にある「沖縄イイダコ屋 太陽」(うるま市)。小型のタコであるイイダコを丸ごと一匹入れたインパクト抜群のたこ焼きがうるま市の新名物として話題になっており、週末には一日に200パック以上も売れるという人気ぶりだ。

たこ焼きからはみ出すほど大きなタコは、とても軟らかく食べやすい。焼いている途中でひっくり返さずにバーナーであぶっているため、タコの足がたこ焼きから出たままの見た目もユニーク。

ソースには、うるま市特産のモズクを使った自家製モズクソース3種類を用意。めんつゆベースの「男味」、ポン酢ベースでまろやかな酸味のある「女味」に加え、島唐辛子を材料にした辛味調味料「島ネロ」を使った「オネエ味」が新登場。

焼きあがるまで時間がかかる場合もあるため、最初に注文をして、待ち時間に「うるマルシェ」内で買い物を楽しむのがおすすめ。料金は税込み。


                       

外はカリカリ、中はとろとろに仕上げた「まるごと炙(あぶ)りイイダコたこ焼き」(1パック700円)。お好みで、めんつゆベースの男味、ポン酢ベースの女味、ピリ辛のオネエ味、3種類の自家製モズクソースをかけて楽しめる



たこ焼きのかぶり物がインパクト抜群の店主・仲西洋陽さん



オープンスペースのテーブル席があり、イートインも可能

 

沖縄イイダコ屋 太陽

うるま市前原183-2(うるマルシェ フードコートうるまテラス内)
電話なし  



営業時間
11時~18時30分(売り切れ次第終了)

定休日
不定休


<毎日のランチや友だちや家族とディナーはいかがですか? 食楽サーチ一覧へ


ライター/松島成子
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1727号 2020年9月10日紙面から掲載」

パン・スイーツ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2140

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る