県内プロチームを応援! スポーツ観戦を楽しむ|琉球ゴールデンキングス[バスケットボール]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

スポーツパレスジスタス

毎日を楽しく

体験・遊ぶ

2016年10月27日更新

県内プロチームを応援! スポーツ観戦を楽しむ|琉球ゴールデンキングス[バスケットボール]

県内を拠点に活躍するプロの選手らの熱い戦いを間近で観戦しよう! 試合の楽しみ方とチームイチオシの店舗を紹介する。

琉球ゴールデンキングス

圧倒的なプレー間近に!

本年度より、国内のリーグが統一されたプロバスケットボール。日本代表に選ばれる選手たちの試合も間近で観戦できるようになり、より白熱したゲームを楽しめる。

県内を拠点に活躍する「琉球ゴールデンキングス」。見どころは息つく暇もなく進んでいくゲーム展開。加えて、シュート、それもダンクといった大技でボールがリングにたたきつけられた時の喜びは最高だ。

広報の松原義治さんは「パスがつながりシュートに結びついた時のプレーには会場中が大興奮!」と熱っぽく語る。リーグ優勝を何度も経験している彼らの圧倒的なプレーをコートサイドで観戦しよう!

また、試合ではチーム専属のダンサーチームが会場を盛り上げるなどのパフォーマンスも魅力。非日常が演出され、試合に花を添える。会場が一体となり、ゲームの世界に引き込まれていく。ルールが分からなくても、初めて見る人でも存分に楽しめる。

松原さんは「キングスは“沖縄をもっと元気に”を合言葉にプレーをしている。昨年よりも厳しい環境だが、選手たちは常に強くなっていこうと切磋琢磨している。気迫あふれるいい試合が見られるのでぜひ足を運んでほしい」と話した。



アメリカ出身のアンソニー・マクヘンリー選手はゴール下争いの中、シュートを決める=写真手前右から2人目(提供)


キングスオリジナルのTシャツ。おそろいで着れば応援気分もさらに盛り上がりそう!


キングスオリジナルマスコットのゴーディーのぬいぐるみ



チーム・会場情報
ホームアリーナは沖縄市体育館=写真。ホームの試合や練習などは宜野湾市民体育館などを利用することもある。沖縄市近辺の試合には付近に住んでいる外国人が足を運ぶことも少なくない。NBAなど本場のバスケットボールに親しんできた彼らは応援を先導してくれることもあるそう。全身を使って喜びを表現、応援をする姿にならって応援するのも楽しみ。恥ずかしがらずに周りと一緒に思いっきり盛り上がれば、もっと楽しく観戦できるはずだ。ホーム戦は11月5日(土)、6日(日)が宜野湾市立体育館、11月23日(水)が沖縄市体育館。チケットは各プレイガイドで販売。



チームのおすすめ店
そば処 根夢(ごん)
豚骨とカツオをブレンドしたスープに中太麺がよく合う宜野湾市の人気そば店。キングスの選手たちは早朝練習後や練習前など頻繁に訪れるという。柔らかく煮込まれた軟骨や本ソーキなどがのったミックスそば(460円~)=写真は中サイズ=がボリュームも満点で、選手たちのおすすめという。

098-890-7523
沖縄県宜野湾市伊佐4-2-14(地図
営業時間11時~20時
不定休
※売り切れ次第終了


他にも楽しめるプロチーム応援しよう!
FC琉球
琉球コラソン


『週刊ほーむぷらざ』第1528号 2016年10月27日掲載

体験・遊ぶ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:647

沖縄の大人女子を応援します。

エアコンの掃除・メンテナンスならお任せください|ハウス産業株式会社

TOPへ戻る