ベースでクレンジング選び|美makeup|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2019年5月23日更新

ベースでクレンジング選び|美makeup

[美makeup]執筆/板谷さち(資生堂ジャパン(株)沖縄オフィス) 

暑くなってくるこれからの季節、崩れにくいタイプのベースメークやファンデーションを選ばれる方も多いと思います。では、クレンジングは、どう選んでいますか。落とすものなら何でも同じでしょ?という声もよく聞かれます。

洗浄力高いオイル、クリーム

クレンジングと一言にいってもタイプはさまざま。ベースメークに合わせて選ぶと肌へ負担をかけません。夏に崩れにくいベースを選んでいる方は洗浄力の高いオイルやクリームがおすすめです。人気のシートタイプは洗浄力が弱いため、軽いメークの時に適しています。




アイテム選びはもちろん、落とし方も大切です。指の腹を使ってマッサージするようにやさしくファンデーションとなじませます。1分間くらいを目安に行うことで毛穴の奥からしっかりベースメークを浮き上がらせましょう。

力任せにこすって落とすと肌への負担が大きくなるので絶対にNG。また、使用量が少ないとしっかり落としきれない原因になるので、指定の使用量を確認することも忘れずに。

小鼻やあごは汚れが残りやすいので、丁寧に落とすことでざらつきや毛穴のつまりの予防にもなります。特にウオータープルーフタイプのマスカラ・アイラインには、ポイントメーク用リムーバーは必須。目の周りはデリケートな部位なので、明るさやハリを保つためにもポイントメーク用リムーバーを使いましょう。

ポイントメーク用のリムーバーはコットンにしっかり含ませて、摩擦を起こさないようにやさしくふき取るように落とします。マスカラやアイラインが落ちにくいときは、まぶたやまつげの上に数秒置きリムーバーとなじませるとスムーズに落ちやすくなります。細かいところには綿棒に含ませる方法もおすすめです。

メークをした日は、クレンジングがスキンケアの入り口。汚れが残ってしまったままでは肌のくすみの原因にもなります。また、目の周りは力を入れ過ぎるとシワにもつながります。

クレンジングが数年後、見た目年齢を左右するかもしれません。肌をいたわりながら不要な汚れをオフして若々しく輝く肌を維持しましょう。

落とし方のポイント

①小鼻周りは念入りに



②ポイントメーク用はコットンに含ませて



③細部は綿棒


 

『メーク・お肌のお悩み募集』

メーク、お肌の疑問・お悩みをお寄せください。プロが答えます!

「週刊ほ~むぷらざメーク」係

 


『週刊ほーむぷらざ』美makeup
第1660号 2019年5月23日掲載 毎月第2、第4週に掲載

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1761

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る