梅雨は冷えに気をつけて|心も体も健康にアーユルヴェーダ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

もっと美しく

ビューティー

2017年6月1日更新

梅雨は冷えに気をつけて|心も体も健康にアーユルヴェーダ

5000年の歴史があるインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」について、スパを経営する株式会社i‐PLANA代表の知念伽央梨さんが紹介します。今回のテーマは「梅雨の過ごし方」です。

梅雨入りしましたね。ジメジメとうっとうしい季節がやってきました。アーユルヴェーダでは 四季に雨期を加えます。この雨期という季節も体にさまざまな影響を与えると考えられているのです。
昼間は湿度が高いこともあり暑く感じますが、朝夜は冷え込むことがあります。また、室内では湿度を避けたいばかりに冷房を使用し、冷たい飲料を取ることも多いのではないでしょうか。

そうすると体の中の三つ(風・火・水)のエネルギーがそれぞれ乱れがちになります。特に風のエネルギーが暴れます。
アーユルヴェーダでは1日の時間も三つのエネルギーが影響すると考えられています。

風のエネルギーが体に影響しやすいのは2時~6時と14時~18時です。
この時間は特に体を乾燥させず、動き過ぎず、冷やさないようにしましょう。
風のエネルギーの特徴は乾性、軽性、冷性です。特徴と同じ質のもの、つまり、乾燥していて、冷たいものを取り過ぎると、体に「冷え」からくる痛み、肌や髪の毛の「乾燥」、心が「軽く」ソワソワして落ち着かない、という症状が出やすくなってしまいます。

食事は、肉のスープにギー(無塩バターを弱火で溶かし、こしたもの)やしょうが、岩塩、ウコンを入れ、温かいうちに食べます。ご飯を炊く時にギーを入れたギーライス、甘味として緑豆と黒糖を使ったお汁粉などがオススメ。お肉はヤギが特にオススメです。
また、熱のエネルギーの高い方は湿度の高さにイライラしがち。トウガンに氷砂糖やレモンを少ししぼったスムージー、ゴーヤージュースにハチミツを入れて飲むのもいいですね。
梅雨が過ぎるとすぐに暑い夏がやってきます。今の時期を大切に過ごすことで、夏を快適に過ごすことができますよ。


ゴーヤージュース(手前)やトウガンのスムージーもおすすめ


インフォメーション

  • アーユルヴェーダ「美と食」講座
    2017年6月24日(土)13時~15時
    受講料/2500円
    場所/アイプラーナ(北中城村美崎)

 

  • アーユルヴェーダのハーブを使ったヘナ
    料金/3,780円~
    場所/アイプラーナ(北中城村美崎)
    ※頭皮のケア、白髪が自然な色に。

 

 

  • アーユルヴェーダ理論、セラピストコース開校
    詳細は下記へ問い合わせを。




株式会社 i-PLANA
代表 知念伽央梨さん
・米国補完医療大学AUCM、グジャラートアーユルヴェーダ提携 Ayur Vedic Medicine Practitioner 
・日本アーユルヴェーダヘルスカウンセラー


i-PLANA(アイプラーナ)
090-1946-9030
沖縄県北中城村美崎111-4


心も体も健康にアーユルヴェーダ
本コーナーは季刊「SeniorWave(シニアウエ~ブ)」と週刊ほ~むぷらざの連動企画。次回は7月6日(木)発行のほ~むぷらざに掲載。

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
ちぃちゃん

これまでに書いた記事:84

元企画・編集プランナー
身の回りの「はてな?」や「なるほど!」を追い求めながら、好奇心のアンテナを張り巡らせて日々、取材中。何でもやるからには「徹底的」に。そのための息抜きも大切に。メリハリのある暮らしと、メリハリのある仕事のこなし方ができるよう心がけています。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る