汚れを落とし、肌を再生する「ハイドラフェイシャル」|教えて!ドクター当山<182>|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2016年7月28日更新

汚れを落とし、肌を再生する「ハイドラフェイシャル」|教えて!ドクター当山<182>

美容液成分の入った薬剤で顔の表面を洗い流す「ハイドラフェイシャル」。専用の機械を使い、普段の洗顔では落とすことができない汚れを掃除することで、毛穴を引き締め、肌に透明感を与える。そこでその施術方法や効果などについて、当山美容形成外科の當山護院長と同院エステティシャンの新垣結さんから話を聞いた。

毛穴の奥から汚れを落とす

用途に応じた美容液で 透明感のある柔らかい肌に


-どんな施術ですか?
当山 美容医療というよりも、エステの分野での施術になります。
顔の毛穴の奥の汚れやくすみ、シワなどに対して効果を発揮。レーザー治療や光治療では不可能だった「角栓除去」と「ディープクレンジング」を1台の機械でできるようになりました。
普段、お手入れをしていても毛穴の奥の汚れはなかなか落とせないもの。ハイドラフェイシャルでは用途の違う薬剤5種類を使い分け、毛穴の奥から汚れを落とします。
また、施術の特徴の一つに機械の先端に付けた「ハイドラピールチップ」があります。機械の先端から美容液成分の含まれた薬剤が出るのと同時にチップが汚れをかきだしたり、古い角質を取り除きます。
美容液の成分には肌を軟化させ皮脂や汚れを浮きやすくするものや、ピーリングや角質除去の際に肌への刺激を抑えるものまでさまざま。用途に応じて使い分け、汚れを落としていく最新のものです。施術中に痛みを感じたり、肌が赤くなることもほとんどありません。最後には保湿し、お肌を整えます。

-どんな効果がありますか?
新垣 
ホワイトニング効果や毛穴の引き締め、ニキビ肌の改善などです。月1回の特別なお手入れとして効果的です。施術後は汚れが落ち透明感が出て、明るくツヤも出ますよ。肌が柔らかくなることで保湿効果も高まり、お化粧ノリもよくなります。
水圧は肌に心地よい刺激を与えるのでリラックス効果もあります。疲れた肌も心も優しく癒やしてくれる施術です。


沖縄の人の肌にぴったり 最先端の機械を導入

-どんな人にオススメですか?
新垣 肌のくすみや毛穴のつまりが気になる人に特にオススメです。舞台人や仕事がらしっかりとしたメークをしないといけない人にはぴったりです。

-読者に一言お願いします。
当山 自分の肌の汚れ具合を実感すると、日々のお手入れの仕方について考えるきっかけになります。
当院では県内で初めてこの機械を導入、最先端の施術が可能となりました。沖縄の人の肌は夏の暑さなど、厳しい自然環境に適応するため皮脂腺が多く、脂っぽさを気にされている人も少なくありません。ですから沖縄にぴったりの施術とも言えます。
この施術は他の治療を始める前に取り入れるのも効果的。肌の汚れを落とし、美しく整えることで次の施術時により美しい仕上がりとなるのです。
今後も私たちは県内のみなさんに最先端の機械や施術を届けていきたいと思います。


【ハイドラフェイシャルの施術の様子 担当のエステティシャンが機械を肌に当てて施術をしていく。心地よい時間。ついウトウトと




當山氏(右)とエステティシャンの新垣結さん


當山 護 氏
当山美容形成外科 院長
東京医科大学卒業後、東京警察病院形成外科に国内留学。その後、日本形成外科学会評議員や日本美容外科学会会長を歴任している。当時最新の形成外科、美容外科の知識を持って帰沖、当山美容形成外科院長に就任。以来、常に新しい技術を導入し、顔のシワ取り、脂肪吸引、脱毛、植毛などに積極的に取り組み、現在もわが国の美容外科のリーダー的存在である。日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本臨床形成外科医会元会長・理事。第24回日本美容外科学会会長。日本形成外科学会専門医・日本美容医療協会認定医・日本医学脱毛学会認定専門医・国際美容形成外科学会正会員(ISAPS)・那覇市医師会元会長。沖縄県医師会元副会長。第37回日本医学脱毛学会会頭、皮膚腫瘍外科指導専門医(形成外科)。2012年秋の叙勲「旭日雙光章」受章。2013年5月国際美容医療研究会会長。2014年日本美容外科学会名誉会員。2015年11月「日本医師会最高優功賞」受賞。

■この記事に関する問い合わせ先 医療法人形成会 当山美容形成外科 098(867)2093
http://www.touyama.com Eメール info@touyama.com


次回は「ワキガ」について紹介します。
 
<過去記事一覧>
『週刊ほーむぷらざ』 教えて!ドクター当山<182>・第1515号 2016年7月28日掲載

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1761

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る