12キロ減量 肌も体も一変!|これが最後のダイエット(21)|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2023年2月9日更新

12キロ減量 肌も体も一変!|これが最後のダイエット(21)

ダイエットのサポートを行う㈱Caloria。代表の宇栄原千春さん考案の「ミールトレーニング®」で「12キロ減量。肌も体も、人生も一変した!」と話すSさんに話を聞いた。

ビューティー

タグから記事を探す

 

宇栄原千春さん/管理栄養士

うえはら・ちはる/(株)Caloria代表取締役社長。管理栄養士として病院に勤務した後、2006年に独立。減量指導にあたる。2018年、独自のダイエット理論を体系化した「ミールトレーニング®️」を開発

12㌔減量肌も体も一変!


今回のダイエット成功者
「腸活+バランスの良い食べ方」の習慣化で体質が改善!夫婦共に活動的になり人生が変わりました!

Sさん(女性) 
年齢:42歳
身長:158cm
仕事:パートタイム
家族:夫、息子、娘
運動:特になし
好き嫌い:特になし



■ミールトレーニング®後の体の変化■

ミールトレーニング®とは?
食事サポート・行動サポート・ファスティングサポート・カウンセリング・コーチングなどを科学的で効果的な独自の手法で提供するプログラム。

BEFORE       AFTER

体重……67.8㎏  ▶︎ 55.7㎏
体脂肪量……26㎏ ▶︎ 16.8㎏
内臓脂肪レベル……13 ▶︎ 6
腹囲…… 91cm  ▶︎ 78cm

40代女性が1年で!

体重…- 12.1㎏!
体脂肪量…-9.2㎏!


 バランスの良い食べ方で、家族まで元気に 

Q 始めたきっかけは?

家のポストにチラシが入っていたのがきっかけです。

産後、70㌔まで太ってしまったこともあり、糖質制限ダイエットの講座に通ったり、自己流でスープダイエットや置き換え食などを試していましたが、痩せてはリバウンドを繰り返すといった感じで、ダイエットの迷子になっていたんです。チラシを見た夫が背中を押してくれたこともあり、腸活食体験会に参加しました。



Q どんな方法で痩せましたか?

ファスティング(断食)を含む「腸活10日間プログラム」を定期的に繰り返しました。

食べることが好きなので毎日3食きっちり食べていたこともあり、始める前は不安でしたが、ミールトレーナーの励ましと、「変わりたい!」という思いがモチベーションになりました。

プログラム終了後、食べた大根がすごく甘くて。五感が研ぎ澄まされるってこういうことを言うんだなと実感。普段、どれほど濃い味付けをしていたのかにも気付かされましたね。

それからは月の3分の1は「腸活10日間プログラム」、残りはトレーナーのサポートを受けつつ、講座で教えてもらった通り3食バランス良く食べる生活を1年ほど継続。最終的に体重は12・1㌔、体脂肪は9・2㌔減らすことができました。



トレーニング中のSさんの食事。バランス良くたっぷり!

Q トレーニングを振り返っての感想は?

痩せたくて始めた結果、健康にまでなれたのが驚き!子どものころから鼻炎やアトピー、ぜんそくに悩まされてきましたが、プログラムを続けるうちに通院回数が減って。夜、頻繁に目覚め肩コリや便秘もひどかったんですが、体が本当に楽になりました。

みるみる痩せて元気になる私を見て興味を示した夫も、同じような食生活を始めることに。夫は仕事柄時間が不規則で疲れやすく、休日は横になっていることが多かったんですが、今では10㌔痩せ、公園に遊びに行けるほど活動的に。私に似てアレルギー気味だった子どもたちの症状もやわらいだ気がします。

ダイエット=我慢のイメージでしたが、今では味覚も体質も変わり普段はバランス良く食べられるので、心も体も満たされ、我慢とは無縁です。大げさでなく自分も家族も人生が一変!みんな元気でいられることに、本当に感謝しています。
 

❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎
               
 ミールトレーナーから 
「食べないのが良い」は勘違い!

プログラムにファスティング(断食)を取り入れていると伝えると、「食べないのが良い」と勘違いされる方がいますが、必要な栄養が不足し筋力も落ちるため体に悪いだけでなく、かえって痩せにくい体質になってしまいます。Sさんがダイエットに成功したのは、ファスティングに加え「3食しっかりバランス良く食べる生活」を続けたから。リバウンドせずに健康的に痩せるには、「きちんと食べること」が何より大切なのです。










「これが最後のダイエット」のバックナンバーはこちらから。
 
『週刊ほ〜むぷらざ』これが最後のダイエット
第1853号 2023年2月 9日掲載

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4228

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る