[沖縄・メーク術]目周りの悩みに「見直しメーク」|美makeup|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2022年11月24日更新

[沖縄・メーク術]目周りの悩みに「見直しメーク」|美makeup

[美makeup]執筆/平良芽依美(資生堂ジャパン(株)沖縄オフィス) 

目周りの悩みに「見直しメーク」

昔に比べて、目周りの悩みが多くなってきた…。何だか目元の印象がさえない…。と、感じている方必見! 若いころからのメーク方法をずっと続けていませんか? 肌状態に合わせてひと手間加えたり、色選びを工夫したり、悩みに合わせてメーク方法を見直すことが大切です。

「目の下のたるみ」「目周りのくすみ」といった、大人ならではの目元悩みをカバーするテクニックをご紹介します。


目の下のたるみをカバー

「目袋部分がたるんで重たく感じる」「目周りがすっきりしない」。そんな悩みには、“コンシーラー&ハイライト”のダブル使いがおすすめです。

まずオレンジ系のリキッドコンシーラーを目の下のたるみ部分になじませます。たるみによって目立つ“目の下の影”や“クマ”といった青み系の悩みは、「オレンジベージュ」を使うと、色の補正効果により、簡単きれいにカバーできます。

さらにその上に、肌なじみのいいリキッド状のハイライトを重ねるように使用します。ピンクパールが入ったものを選ぶと◎。つや感を足すことでレフ版のような効果を発揮し、影をふんわりぼかして表情までイキイキとします。リキッドハイライトなら粉っぽくならないので、乾燥が気になる目元にも最適。明るくふっくらとした目元の完成です。


くすみ対策にアイシャドー

眉もアイシャドーも、ずっと同じ色を使ってメークしていませんか? 選ぶ色を変えるだけで、目元の悩みをさりげなくカムフラージュするだけでなく、簡単に雰囲気を変えることができます。 

目元がくすんで、なんとなく疲れて見えるときは「ピンクブラウン眉×コーラルアイシャドー」の組み合わせがおすすめ。温かみがあってやわらかい印象に見せてくれるので、さりげなく血色感も演出できマスクメークにもピッタリです。

アイシャドーを塗る前に、目元全体に「アイシャドーベース」を仕込むことも大切。乾燥しがちな目元でもアイシャドーの密着を高め、発色や崩れにくさもアップします。くすみを感じさせない元気な印象の目元が夕方まで続きますよ。

なんだか最近アイメークがぱっとしなくなった…。そんなふうに感じたら早速取り入れて、悩みを吹き飛ばすくらい、いつもと雰囲気の違う自分を手に入れてください。ご紹介した見直しポイントを参考に、メークを楽しんでくださいね。



 目元の悩みをカバー 
①目の下のたるみを目立たせない

目の下のたるみ部分(線や影になっている箇所)=図=に、コンシーラー&ハイライトをなじませる。リキッドコンシーラーは、ファンデーション用のブラシを使ってスタンプを押すように丁寧になじませると、厚塗り感がなく自然に仕上がる。リキッド状のハイライトは指先に取ったら、黒目の下にのせ、トントンと優しく広げながらなじませる。


②くすみ対策に目周り明るく

1・眉毛を描いた後、ピンクブラウンの眉マスカラを塗って色をチェンジ。
2・コーラルオレンジのアイシャドーをアイホール全体に幅広めに、目の下にも細くなじませる。


「週刊ほ~むぷらざメーク」係


『週刊ほ〜むぷらざ』美makeup
第1842号 2022年11月24日掲載 毎月第4週に掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る