[沖縄・メーク術]旬のマットリップで唇華やか|美makeup|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2021年11月25日更新

[沖縄・メーク術]旬のマットリップで唇華やか|美makeup

[美makeup]執筆/平良芽依美(資生堂ジャパン(株)沖縄オフィス) 

旬のマットリップで唇華やか

年末に向けて華やかな季節が近づき、おしゃれをして出かける機会も増えるのではないでしょうか。食事や写真撮影時など、一時的にマスクを外す際に注目されるのが唇。「血色が悪く疲れて見える」「乾燥でカサカサ」とならないためにも、うるおいのある唇に、華やかな口紅は欠かせません。今回は、旬顔にアップデートできるリップメークと、リップケアを紹介します。


他のパーツよりリップメークを先に

華やかな印象になれる赤リップは、お出かけシーンで大活躍! 肌が明るく見える効果もあるので写真映えも狙えます。さらに、マットタイプなら、一気にトレンド感がアップするのでおすすめ。「マットリップは乾燥が気になる・難しそう」といった声もありますが、こつが分かれば、乾燥を感じさせない仕上がりになります。

ポイントは、塗る前の保湿と塗る順序=下。リップクリームは、メーク前のスキンケアの段階でたっぷり塗っておくことが重要です! また、派手顔になるのを避けるために、リップメークを先に仕上げてから他のパーツのメークを仕上げていくとバランスが取りやすくなります。

また、塗り方を少し変えるだけで、赤リップが日常的に使いやすくなります。指先に直接口紅をとり、指の腹を使って唇にポンポンとつけると派手にならず、カジュアルな印象に。内側から外側へとぼかして塗るのがポイントです。赤リップをつけると肌が白っぽく見えるので、ファンデーションは軽めに仕上げるといいですよ。

日頃のケアで乾燥を予防

リップメークをきれいに仕上げるためには、日頃から乾燥をケアしておくことが大切。リップクリームを使った簡単ラップパックを取り入れて、ふっくらなめらかな唇に整えましょう。

 <ラップパックのやり方> 

STEP1
唇にリップクリームを厚めに塗り、適当な大きさにカットしたラップをのせる。
STEP2
そのまま3分ほど、唇の角質がやわらかくなるのを待つ。
STEP3
唇の角質がやわらかくなったらラップをはずし、指の腹でくるくるとやさしくマッサージし余分な角質をオフ。強くこすり過ぎないように注意し、マッサージ後にもう一度リップクリームを塗ってしっかり保湿することも忘れずに。

うるおった唇におしゃれなリップメークを施せば、マスクを外した時の印象もアップ。ぜひチャレンジしてみてください。

 マットリップのポイント 


【ポイント(1)】リップクリームはスキンケア時に
メーク前に、清潔な状態の唇にリップクリームをたっぷり塗っておくと、メークをしている間に保湿成分がしっかり行き渡り、唇のコンディションが整う。マットリップを塗る前には軽くティッシュオフして油分を落ち着かせる。

【ポイント(2)】口紅を先に塗ってバランスを取る
ベースメークを7割程度仕上げたら、最初にマットリップを塗るのがこつ。リップメークは後回しになりがちですが、ポイントとなる唇部分を初めに塗り、他のパーツを唇に合わせることで、メーク全体のカラーバランスが整いやすくなる。

【ポイント(3)】リップブラシ&綿棒テクニック
リップブラシで塗ることで、フィット感が高まり美しい仕上がりが持続し、ドレスアップしたような唇に。その後、綿棒で輪郭を軽くなぞるようにする=イラスト=と、アウトラインがくっきりし過ぎず、トレンド感のある仕上がりになる。

【ポイント(4)】最後にティッシュオフ
リップメークが完成したら、軽くティッシュで押さえることで、マスクへの二次付着を軽減し、美しい仕上がりが続きやすくなる。

メーク、お肌の疑問・お悩みをお寄せください。プロが答えます!

「週刊ほ~むぷらざメーク」係

 


『週刊ほ〜むぷらざ』美makeup
第1790号 2021年11月25日掲載 毎月第4週に掲載

ビューティー

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3109

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る