「島のオモテナシ!伊江島の女性」|金城真知子のコラム |fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

金城真知子

2018年11月10日更新

「島のオモテナシ!伊江島の女性」|金城真知子のコラム

温かさと優しさにあふれたウチナーグチ。金城真知子の「ほっとする沖縄方言」を綴ります。(vol.07)


〜 11月のスタートは 伊江島で 〜

11月1日。1が三つ並ぶゾロ目スタートの日は伊江島にいた。
というのは、伊江商工会さんからスマイルトレーナー®としての活動とラジオでの経験を活かしたコミュニケーション研修のご依頼を頂いたからだ。
伊江島は本部港からフェリーで30分程の身近な島なのに、結婚前に訪れたっきり、、、だから、もう11年も前になる!本島から近い離島なのになかなか行けてなかったな〜と振り返りながら、久しぶりの遠出にうれしくなった。
セミナー時間の関係上、今回は島で一泊させて頂く事になったので、手帳には「伊江島出張」とハートマークも書きこんで、仕事半分・旅行半分なワクワク気分で島へ向かった。


〜 島の人はのんびり・ゆったり!?〜

楽しみな理由はもうひとつ、担当の宮城さんにお会いしたかったから!
メールでも電話の応対一つにしても「離島の人はのんびり〜ゆったり〜」というイメージとは全然違うスピード感だったからである。
というのも、初めて商工会の宮城さんからご連絡を頂いてから、なんとまぁ全てがスムーズに進む事。いろいろな事がサクサクテンポよく決まっていく。
さらにセミナーの数日前になると、船の時間や宿の事、出発する本部港の駐車場の事や、伊江島についたら船は「右側から降りてくださいね!」など、細部に渡って教えてくれる。
こちらから質問する前に「こうしたらスムーズだから!」と先を見越してご提案くださるので、全てにおいて安心して臨む事ができた「早くお会いしてみたい!」と憧れの思いを抱くほど、お会いするのが楽しみになっていた。

〜〜〜 セミナーでは 〜〜〜

フェリー乗り場までお迎えに来てくれた宮城さんは、想像通りの明るく元気な女性だった。

これからの段取りをテンポよく伝えて民宿まで送ってくれるという。途中ちょっと遠回りするけど、コンビニの場所を知ってた方が何かと便利だはずだから〜と、コンビニ経由で民宿まで向かう・・・
これまでの応対の素晴らしさに私が感激していると「島が初めての人も多いから、いろいろわからないでしょ〜!これが普通ですよ〜」といって明るく話し「これが伊江島のオモテナシです」と言って大きく笑う宮城さん。ますます素敵な方である!

そして、始まったコミュニケーションセミナー!

夜開催のセミナーにもかかわらず、皆さま お仕事後とは思えない程、たくさんの質問と笑い声とツッコミに溢れた2時間だった。





笑いっぱなしで、皆さんから「こんなに笑った研修は初めてよ〜、先生!」「はー、もう2時間たったわけ〜!!もっとやりたいさ〜」という嬉しいお声も頂きながら、たくさんの笑い声に包まれたセミナー。

その後の懇親会を兼ねた二次会も、喋りっぱなし・笑いっぱなしの素敵な夜だった。途切れない会話の中で、女性たちの「伊江島アルアル」を伺いながら大爆笑! 本当に伊江島の女性たちはパワーがある(^^) 終盤になって、ようやく私に話すチャンスが(笑)宮城さんの魅力を話すと、皆さん顔を見合わせながら「この人の性格もあるけど、、、でもね先生!伊江島の女性は、みんなこんな〜してやってるよ〜!だって私たちが動かないと、初めてのお客さんは、いろいろわからないでしょ〜」と当然の事のように声を揃える。しっかり染み込んだ「伊江島のオモテナシ」を感じる瞬間だった。




〜〜〜 島のオモテナシ 〜〜〜

翌朝は、島の幸がたっぷり詰まった朝食を頂いた。鮮やかなアーサ。口の中にしっかり伝わる磯の香り。一つ一つが丁寧で、極上の時間だった。


少し早めに宿を出て、島を歩く。。。

夏の収穫が終わった赤茶色の畑。

道路脇にはススキの穂。

もうすっかり秋の風。

聞こえてくる牛の声。

鎮座するタッチュー。。。



こんなに穏やかな島だったんだ。。。

ガジュマルの木陰に腰掛け、改めて、伊江島に来られた事への感謝を告げる。



穏やかな島の元気な女性たち!「島のオモテナシ」にすっかりトリコになってしまった私である。



(つづく)











金城真知子さんのコラム[カテゴリー:子育て 大人女子を応援]
ほっとする沖縄方言 vol.07


 

金城真知子

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
金城真知子

これまでに書いた記事:27

フリーパーソナリティー
沖縄県南城市出身。琉球大学卒業。
ラジオパーソナリティー・ウェディング司会者・スマイルトレーナー®
FM沖縄『ちゅら玉・浪漫紀行』ではライター兼ナレーターを担当。
沖縄の自然や習慣・格言などを題材にウチナーグチを交えて紹介。
本コラムでは、沖縄で暮らす3児のワーキングママとして、家族の日常を綴っていく。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る