華麗なるヘアショー・フォトポートレート|KOS HAIRDRESSING|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

ぎだちゃん

2017年1月1日更新

華麗なるヘアショー・フォトポートレート|KOS HAIRDRESSING

2016年12月23日に開催されたKOSヘアドレッシングの翁長響子さんによるヘアショー。そのときの模様を写真を中心にフォトポートレートをお届けします。翁長さんは、ファンオキナワでコラムも執筆してくださっています。そちらも合わせてご覧下さい♪

県出身、ロンドン帰りのヘアメイクのプロ 翁長響子さん

沖縄県宜野湾市出身の翁長響子さん。
以前、ほ〜むぷらざの彩職賢美にも登場いただき、そのご縁で当方も髪を切っていただいております。
簡単に翁長さんのプロフィールをあらためてご紹介します。


***************************************************************************************************

20歳の時、単身イギリス、ロンドンへ渡り、ロンドンで美容師資格を取得。
現地の有名サロンで10年の経験を積む。
サロンワークのみならずLONDON FASHION WEEKのバックステージを12シーズン務める。
雑誌の撮影や賞の受賞、入賞も経験。
30歳で帰国。
その後、宜野湾市真志喜で KOS HAIRDRESSING をオープン。

***************************************************************************************************

世界を見て、独自の感性を持ち、高いモチベーションで仕事をされている方なので、僕も注目をさせていただいています。
当サイト「ファンオキナワ」のコラムは、ご本人の世界観が出ているので、とてもおもしろいです。
みなさんぜひご一読くださいね♪

では、早速ショーのご報告。
オープニングは、メイキングビデオからのスタート!

KOS HAIRDRESSING|ACTIVATE

今回のテーマは
「ACTIVATE(アクティベート)」
新しいエネルギーに満ちて、新しくなる、動き出す、活性化するなどの意味があります。



打ち合わせや、サロンワークを垣間見るワンシーンも。



翁長さんがこれまでにされた作品のコラージュでしょうか…。おもしろいし、今の彼女につながっているものを感じます。



オープニングの映像が終わり、いよいよ始まります。
一人目はショートボブをアレンジし、印象的なアイメイク。
服装もブラックベースで、歩くと生地が風に乗り、颯爽(さっそう)とした印象です。



二人目は、ロングヘアにゆるやかなウェーブでボリューム感があります。モデルさんが細くてキュートな雰囲気だったので、個人的には髪のボリュームとは相反して、どこかクールな感じを受けました。



そして、そして!!



印象的な髪型!
ラオスで見た家屋の屋根みたいな形、だと思いました。
この時点では、まだ全容がつかめず。




個性的なツーショットです。
作品を見ていると、自分の内面を見つめているような? 混沌とした部分と、ものすごくハッキリとしている部分が入り交じるような、不思議な感覚に…。



いよいよ、翁長さんの登場です。
笑顔!



第一声は、いらっしゃった皆さんへの感謝、会場で手伝っていたスタッフさん、いつもお世話になっている方、主催者へのお礼でした。

そして、今回のヘアショーについて、
「テーマのアクティベートは、新しく起動するという意味です。クリエイティブな自分が新しくアクティベートされたらいいな」
と、すてきな笑顔(↑写真)!

ヘアとメイクは翁長さんが担当され、
ファッションのコーディネイトは福原あゆみさんが担当されました。

福原さんは、いつもは個人向けのコーディネイトを中心にされているようです!!



翁長さんが作り出す世界感に合わせた服装のコーディネイト。
アイテムを探すのは大変だったんじゃないかと思います。

各モデルさんのアップを。









そして、あらためて翁長さん。



出番の直前までヘアメイクの微調整をしていた、とスタッフからの裏話もあり、かなりバタバタされたんだろうな〜と思いました。

ご本人は、
「これまでサロンワークが中心になっていてこうしたクリエイティブなことをしてこれなかったんですよねー」
と、おっしゃっていて、新しい年に向けてまさに「アクティベート」が始まる??!!

今後の翁長さんのますますの活躍に期待です!!



お客さんとの距離が近いというのは、こうしたイベントの醍醐味ですね−。
僕も近くでまじまじとみせていただきました。



会場となった「オキナワガールズスクエア」(那覇市松山)には、初めてお邪魔しましたが、真っ白の箱で、照明がやわらかくて、気持ちのいい空間でした。
きれいなトイレがたくさんあって、よかった、というコメントを自分で書いて、自分の着眼点に笑います。
よく、女子力が高いと言われるので。このあたりかな、と。いえ、なんでもないです。



機会がありましたら、KOS HAIRDRESSINGサロンデビューもしてくださいね♪

さぁ、僕にとって必要な「アクティベート」はなんだろう。
動き出したくなる刺激をいただきました!
翁長さん、ありがとうございました。
そして、お疲れ様でしたーーー!!!

ぎだちゃん

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る