What a Wonderful World!|本村ひろみのコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

本村ひろみ

2016年12月6日更新

What a Wonderful World!|本村ひろみのコラム

フリーパーソナリティーの本村ひろみさんが、暮らしを楽しむアンテナを巡らせて日々の沖縄・風景をレポートします。
fun okinawaコラム「おきなわ 暮らし散歩 Vol.25」

「What a Wonderful World!」


部屋の中。
机に向かっている私のまわりで
いすやソファの背、本棚の上を猛ダッシュで猫が走っている。
パソコンに向かっている私の目の端を
“ビュン”と風を切って猫が走り過ぎた後、
毛玉が舞っているのが見えた。
振り返ると和室の障子を見事につき破っている。
師走を目前に猫にも気合が入っている。
大掃除もそろそろ始めなきゃ。
そのあと、猫はシーツの中に隠れていた。





ボウルいっぱいのナッツやドライフルーツ
バナナにベリー、洋ナシ、柿。
贅沢(ぜいたく)な食事を頬張りながら
窓の外を見上げると、透き通る水色の空。
ラジオをつける。





取材で泉崎かいわいを歩く。
静かな住宅街を抜けると
通りがトックリキワタのピンク色に染まっている。
小さな女の子が3人
羽根つきの羽のような白とピンクの花びらを拾って
手のひらの上でポンポンと飛ばして遊んでいる。
“小夏日和”が続いているので
衣替えも中途半端。
私も半袖、女の子たちも薄手のシャツ。





今年最後の月がやってくるというのに。
なんだかこれではせっかくの12月がもったいない気がして
ズレた皮膚感覚を音楽で取り戻す。
この季節のヒットソングがいい。

スマートフォンのmusicで曲を探していると
“What a Wonderful World”を見つけた。
ルイ・アームストロングのオリジナルではなく
パンク・ロックバンドのジョーイ・ラモーンのカバー。
ドラムのビートに合わせて足取りも力強くなる。
年末に向けて上げていく気分にはロックがピッタリ!





街角の花屋さんにポインセチアが並んでいる。
先月まではオレンジ色だった店頭も
あっという間に
赤と緑の配色にゴールドのリボンで縁取られている。
―もみの木やヒイラギ、どんぐりに松ぼっくり、
木の実で飾られたナチュラルな雰囲気のリースもいいな―。
そう考えながらクリスマスのアイテムを眺めているだけで
幸せな気分になった。





夕暮れの空、雲の切れ間から放射線状に光が放たれている。
「光芒(こうぼう)」「薄明光線」と呼ばれる美しい現象。
でも一番好きな呼び名は「天使の梯子(はしご)」
ロマンチック。

12月
皆さんの心が笑顔で満ちますように。
たくさんの贈り物が心に届きますように。


 

本村ひろみさんのコラム一覧

本村ひろみさんのコラム|funokinawa
これより以前のコラムは「コノイエプラス」へ

本村ひろみさんのコラム[カテゴリー:暮らしをデザイン 輝く女性を応援]
おきなわ 暮らし散歩 vol.25

本村ひろみ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:36

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る