可愛いヘアスタイルへ変身♪ ヘアカットが上手と評判のおすすめ美容室|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

COLUMN

ちぃちゃん

2016年8月9日更新

可愛いヘアスタイルへ変身♪ ヘアカットが上手と評判のおすすめ美容室

8月15日から沖縄の一大行事「旧盆」です。それを前に、恒例の(わが家だけ?)旧盆ダンパチ、そうヘアカットに行ってきました。とてもおしゃれで洗練されたサロン(KOS HAIRDRESSING)で、出迎えてくれるのは仲のいい姉妹です。

異次元の世界へ

沖縄県宜野湾市にあるKOS HAIRDRESSING。真っ白な壁に黒のロゴ。ドアを開けると室内も白と黒のモノトーンです。沖縄とは違い、どこか異次元の空間にいるようです。



出迎えてくれるのは受付をしているレセプショニストの翁長鐘子(しょうこ)さん=右。奥からにこやかに出てきたのがオーナーで美容師の響子さん。鐘子さんは姉、響子さんは妹。KOSは「響子・翁長・鐘子」の頭文字から取ったという仲良し姉妹なのです。



さっそくいつものように「今日はどうします?」と響子さん。
「伸ばそうかなと思っていて。。。でもお任せ」といつものように答える私。



またまたにこやかに響子さんが「分かりました」と返事をして、シャンプー台へと案内してくれます。



シャンプー台も異次元の世界にいるよう。シャンプーとヘッドマッサージをしてくれて、心地よさが増したところで、いざカットへ。
そこで目に留まったのがハサミ。かなり使い込んだ感じのするケースにハサミが4本。クシやピンを挟んだ一式です。その中の1本はよく見ると、ドクロがワンポイントに。オーダーメードで作ってもらったとのことで、お気に入りの1本だとか。さらに、一番小ぶりのハサミ(左端)は思い出の1本。



実は響子さんが美容師生活を始めたのはロンドン。沖縄からはるばる遠いイギリスで美容学校で学び、現地の美容室で8年間働き、技術を磨いたのです。そして3年前に帰郷。ロンドンの技術を生かしながら、美容室を経営している響子さんです。
ロンドンからの「風」はファッションにも表れています。いつも黒で統一。ロンドンで働いていた美容室のスタッフのドレスコードが黒だったからだといいます。最近、姉妹ではまっているのが、イギリスの通販からのファッションアイテムの購入。「イギリスのEU離脱でポンドが安くなっているので、お買い得」とのこと。インターナショナルですね。



ということで、私はショートボブにしてもらいました。
紆余曲折の人生や捻じ曲がった根性とは全く違う超ドストレートな髪をヘアアイロンでカールしてもらい、前髪はアシメントリーに。心も軽やかになりました。ちなみに、その足で会社に寄ったら、同僚が一言。「メルモちゃんみたい」。それって「かわいい」ってこと? それとも「この世のものじゃないってこと?」と頭の中でぐるぐる。イメージチェンジできたということで、きっと旧盆でこの世に戻ってくる両親も喜ぶと思います。響子さん、鐘子さんありがとうございました。
もちろん、旧盆前以外でも皆さん、行ってくださいね。私は1カ月半から2カ月に1回のペースで「異次元の旅」楽しんでますよ。
完全予約制なので、あらかじめお電話を。

ちぃちゃん

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
ちぃちゃん

これまでに書いた記事:84

元企画・編集プランナー
身の回りの「はてな?」や「なるほど!」を追い求めながら、好奇心のアンテナを張り巡らせて日々、取材中。何でもやるからには「徹底的」に。そのための息抜きも大切に。メリハリのある暮らしと、メリハリのある仕事のこなし方ができるよう心がけています。

TOPへ戻る