ほねつぎ読谷高校前接骨院/読谷高校前はりきゅう院の小池悠樹さん|発信!沖縄の魅力|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

アンケート&プレゼント

わたしらしく

企業紹介

2017年4月13日更新

ほねつぎ読谷高校前接骨院/読谷高校前はりきゅう院の小池悠樹さん|発信!沖縄の魅力

沖縄の魅力を発信する企業を紹介。vol.152
ほねつぎ読谷高校前接骨院/読谷高校前はりきゅう院の小池悠樹さん

地域密着型の体ケアを



ほねつぎ読谷高校前接骨院/読谷高校前はりきゅう院


院長 小池悠樹さん

読谷村に昨年12月にオープンしたほねつぎ読谷高校前接骨院・読谷高校前はりきゅう院の院長を務める小池悠樹さん(40)。愛媛県出身で、開院と同時に読谷に住み始めて「自由な雰囲気と陽気な人が多い土地柄」と柔和な笑顔だ。村のイベントに積極的に参加しながら知名度を高め、「今後はより地域密着型の接骨院として、体ケアをしていきたい」と語った。



白をベースにした院内でスタッフと打ち合わせをする小池院長(右)


子どもの姿勢良くしたい

Q.施術の内容、特徴は?
A.当院は全国でチェーン店として展開し、読谷はオープンして4カ月になります。体のゆがみを矯正し、トレーニングで改善することを提案していますが、訪れる方は子どもからお年寄りまで幅広い年代です。
特徴は手技による施術のほかに、最新機器を使うこと。体のゆがみを整えたり、特殊電流で筋肉に刺激を与えて体幹部分を鍛えたり、体に負担を与えず深部へ電気を流して痛みを緩和するなど、機器も個人の症状に応じて多く取りそろえています。これらの機器の活用などを通して、これまでの接骨院とは異なる新しいイメージを発信したいのです。

Q.どのようなチェックを行うのですか?
A.体のゆがみは、体の土台となる骨格がゆがむことによって体の不調につながるもの。まず、実際に自分の体のゆがみを見ることで、現状認識と危機感を共有します。姿勢を写真撮影し、コンピューターで状況を一目見ると、驚く方も多いですよ。
それを踏まえて、その方に合ったプログラムを提供します。ただ、「痛みがなくなったから終わり」ではなく、トレーニングをすることで根本的な改善を促すことも伝えています。
さらに、院内で姿勢矯正等のグッズや、体ケアをするサプリなども販売し、幅広い観点から対応しています。

Q.今後の目標は。
A.中高年の方はもちろん、今、気になっているのが中学生や高校生といった伸び盛りの子どもたちの姿勢です。骨の成長は17~18歳で止まると言われていますが、ゆがみが成長を妨げることもあります。正しい姿勢だと覇気も出てきますし、矯正するのも子どもは早いので、これに力を入れたいと思います。
また、公民館などに出向き、姿勢のチェックをして、地域密着型で体ケアを呼び掛けていきたいです。まずは、気軽に来院し、自分の姿勢をチェックしてみてください。


開店記念のキャンペーン実施

同院では、開店を記念して、2017年4月17日(月)~4月29日(土)までキャンペーンを実施する。人気の骨盤矯正のプログラムを割引価格で提供。期間中なら何度でも利用でき、予約も可能。学生から高齢者まで幅広く受けることができる「痛くない」矯正術となっている。料金等、詳細については問い合わせ。営業時間は月~土曜日。9時~12時30分、15時~20時。日曜・祝日は定休日。


<問い合わせ先>
ほねつぎ読谷高校前接骨院
読谷高校前はりきゅう院

沖縄県読谷村伊良皆361-1(地図
098-988-5885


<過去の記事一覧>
発信!沖縄の魅力 ー未来をつくる企業ー


『週刊ほーむぷらざ』発信!沖縄の魅力ー未来をつくる企業ー<152>
第1552号 2017年4月13日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1382

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る