[彩職賢美]ワークライフバランスコンサルタントの比嘉華奈江さん|産後、介護中も働ける社会に!|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

彩職賢美

2015年10月8日更新

[彩職賢美]ワークライフバランスコンサルタントの比嘉華奈江さん|産後、介護中も働ける社会に!

自身の妊娠・出産を機に、出産に左右される女性の働き方に疑問を持った比嘉華奈江さん(37)。ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の考え方に出合い、14年勤めた会社を辞めて起業。「多様性は可能性」をモットーに、企業向けコンサルティングや研修を行う。思い描くのは、「さまざまな人が認め合い、能力を生かして働ける社会」だ。


 

仕事と生活の充実サポート

新しい働き方を共に考える
ワークライフバランスコンサルタント

比嘉 華奈江さん


第一子を妊娠中の7年前、出産や育児で離職する友人の多さにショックを受けた。「優秀な人が多く、もったいないと感じた」。

そんな中、出合ったのがワークライフバランス。「仕事の効率を上げて、仕事も生活も充実させる」という考え方に引かれた。「子育てや介護をしながら働ける。企業にとっても、人材の確保や生産性の向上はメリット。実現したら素晴らしい社会になるとワクワクした」と目を輝かせる。

柔らかな物腰ながら、子どものころから「やりたいことはやる」性格だ。短大卒業後、客室乗務員として勤めながら、海外約20カ国を旅した経験もある。

第一子を出産後、復職。仕事の傍ら数カ月東京へ通い、(株)ワーク・ライフバランスの講座を受講。第一人者の小室淑恵さんに師事し、学びを深めた。

14年続けた仕事はやりがいがあり、辞めるには迷いもあった。背中を押したのは、子どもの存在だ。「成長したときに、仕事が楽しく、素晴らしい会社がたくさんある沖縄にしたい」。その思いが、原動力になった。



(有)サンサン沖縄(那覇市)で、ワークライフバランス委員会のコンサルティングを行う比嘉さん(左)。和気あいあいとした中、課題や改善策など活発に意見が飛び交った(編集部撮影)


34歳を迎えた3年前、退職し起業。ワークライフバランス推進のため、企業向けにコンサルティングや研修を行う。

依頼のきっかけは、「離職率が高い」「残業が多い」「結婚、出産を控える社員が多い」など。相談を受けると、まずは「時間内で成果を出す働き方に変える」という考え方を社内で共有。仕事の「見える化」で、残業の原因を明らかにし改善へと導く。

その際、重視しているのが社員間のコミュニケーションだ。話し合いの場を作り、それぞれの状況や思いを知る。「互いを理解し受け入れることが、個々の能力を生かし、生産性を高める」という。

コンサルティングでは、「固定観念に縛られず、新しい働き方を共に考える」ことを大切にしている。最良の解決策を考えたり、社員間の温度差に悩むことも。そんな時こそ「社員が本音で話し合い、自ら解決策を導き出す」ために全力でサポートをする。最終的には、数年後に「自走していける組織」を目指す。

導入した企業からは、「残業が減り、売り上げが上がった」「子どもの行事に休みが取りやすくなった」「あきらめていたことに希望が持てた」などの声が挙がっている。年間200日は企業を訪れる多忙な日々。中小企業が多い沖縄で、「大企業と比べ意思決定までがスピーディーで、コンサルティングの効果が出やすい」と可能性を感じている。

私生活では、2児の母。自身も出産後、仕事の効率が上がったという。「介護や子育てなど日常生活の経験が、仕事も豊かにする。多様な視点は企業にとっても強み。どんな状況の人も、能力を生かして働ける社会になれば」。まなざしは、深く温かい。

 


 

比嘉さんのハッピーの種

Q.パワーの源は何ですか?

家族と過ごす時間です。わが家のモットーは「Everyday is holiday」。毎日を特別な日として新鮮な気持ちで楽しめたら、最高だと思っています!
家族間でもコミュニケーションを大事にしていて、夫婦で1~2カ月に1度、育児や仕事について話し合います。子どもたちには「私も夫も絶対的な味方だから、何でも話してね」と伝えています。
今月、海外の働き方を学ぶため単身ニューヨークへ行くのですが、夫の協力あってこそ。感謝しています。

(株)Life is Love  
http://www.lifeis-love.com/
Eメール
lifeislove2012111@gmail.com


2016年11月15日にワークショップ
比嘉華奈江さんを講師に、「新しい働き方を考えるワークショップ~夫婦間コミュニケーション~」開催。
日時=11月15日(日)午後1時半~4時場所=天久ヒルトップ(那覇市天久)
20~40代の夫婦対象。参加費は夫婦で2,000円。
<申し込み>
ワークラボ☆ジャパン
FAX
098-862-3640
Eメール
worklabjapan@gmail.com 



PROFILE
比嘉華奈江(ひが・かなえ)1977年大分県別府市出身、98年短大卒業後、来沖し、航空会社に入社。客室乗務員として約14年間勤務。在職中に2度「サービス褒章」を授与される。2011年に退職。2012年に(株)Life is Loveを設立。(株)ワーク・ライフバランス加盟コンサルタント。一般財団法人 日本教育推進財団認定コミュニケーション・トレーナー。



週刊ほーむぷらざ「彩職賢美」|輝く女性を応援!
今までの彩職賢美 一覧


撮影/比嘉秀明・編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』彩職賢美<1188>
第1473号 2015年10月8日掲載

彩職賢美

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る