[沖縄・レシピ]身近な食材使った洋食|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

毎日のレシピ

2022年6月9日更新

[沖縄・レシピ]身近な食材使った洋食|ごちそうレシピ

身近な沖縄の食材も使った、風味豊かでこくのある「ハッシュドビーフ」、「うっちんライス」、きのことピーマンの異なる食感が楽しめる「きのこのサラダ」の洋食3品を紹介します。ハッシュドビーフは右写真のようにうっちんライスにかけて食べるのもおすすめ。仲村公子(松本料理学院講師)

風味豊かでこくのある
ハッシュドビーフ


【材料(4人分) 調理目安時間約40分】

【ブラウンソース】
バター………………………60g
小麦粉………………………70g

牛肉(薄切り)……………250g
塩・こしょう………………適量
小麦粉………………………適量
サラダ油…………大さじ2~3

サラダ油………………大さじ3
タマネギ…………………400g

トマト缶………………1カップ
ビーフコンソメスープ…4カップ
トマトケチャップ……大さじ4
ウスターソース………小さじ1
塩……………小さじ1/2~1
こしょう……………………適量


【作り方】
 鍋にバターと小麦粉を入れて、焦がさないように木製のへら(テフロンの鍋を傷つけないよう)でよく混ぜながら茶色く色づくまで炒め=写真、ブラウンソースを作る。※ソースは市販のものでも可。


 バットに牛肉を広げ、塩・こしょうをふり、小麦粉をまぶす。フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を焼いた後、食べやすい大きさに切る。

 鍋にサラダ油を熱し、千切りにしたタマネギを入れてしんなりするまで炒める。※牛肉を焼いた後の油が残った鍋を利用してもよい。

 3にトマト缶、ブイヨンスープ(ビーフコンソメスープ)、トマトケチャップ、ウスターソースと、1で作ったブラウンソースを混ぜ合わせて20~30分煮込む=写真。


 4に牛肉を加えてひと煮立ちさせ、塩・こしょうで味を調えたら完成。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パセリも入れて彩りのある
うっちんライス


【材料(4人分) 調理目安時間約25分】

米……………1と1/2カップ
バター………………………15g
うっちん粉…………小さじ1弱
塩…………………小さじ1/2
チキンコンソメスープ…1と1/2カップ
ローリエ……………………1枚
パセリ………………………適宜


【作り方】
 米を洗い、水気を切る。パセリは洗わずに茎を取って葉の部分を細かく刻む=写真。それをキッチンペーパーに包み、流水にさらした後、固く絞り、乾いたキッチンペーパーの上に広げて水気を切る。※余った分は、乾燥させてビンに入れて冷蔵庫で1~2カ月保存できる。


 鍋にバターを溶かし、米を入れて炒める=写真。


 米が透き通ってきたら、うっちん粉、チキンコンソメスープ、塩、ローリエを加えて炊き上げる=写真。※ローリエは、手でちぎるなどして数カ所切れ目を入れる。


 炊きあがったら仕上げにパセリを混ぜ込む。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キノコと野菜の異なる食感楽しめる
きのこのサラダ


【材料(4人分) 調理目安時間約10分】

しめじ…………………1パック
生シイタケ…………………4個
エリンギ……………………2本
赤・黄ピーマン……各1/3個
ニンニク(みじん切り)…1かけ
オリーブオイル………大さじ2
塩・こしょう……………各少々


【作り方】
1 しめじと生シイタケを食べやすい大きさに切り=写真、さっとゆでる。


2 エリンギ、赤・黄ピーマンを5センチの細切りにする=写真。


 フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて火にかけ、香りが出てきたら、1と2を加えて強火でさっと炒め=写真、塩・こしょうで味を調える。レモンをしぼってもおいしい。
※冷製パスタとあえていただくのもおすすめの食べ方。



講師/仲村公子(松本料理学院)
『週刊ほ~むぷらざ』ごちそうレシピ
第1818号 2022年6月9日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3159

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る