[沖縄・レシピ]自宅で楽しむキャンプ料理|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

毎日レシピ

2021年8月12日更新

[沖縄・レシピ]自宅で楽しむキャンプ料理

外出自粛が続く中、何かとストレスもたまりがち。気分転換も兼ねて、手軽につくれるキャンプ料理にチャレンジし、おうちでアウトドア気分を味わってみませんか?

専用の器具なら便利さも気分も

普段でもキャンプ用の調理器具を活用して、家族に食事を振る舞うことも多いというアウトドアショップNEOSの徳里豪隼さん。自宅で気軽に作れるアウトドア料理と、気分を盛り上げるコツやアイテムなどを教えてもらった。


 細かなこと気にせず調理 

徳里さんは「アウトドア料理の魅力は、細かなことは考えずに手軽につくれること。おうちの庭やベランダなどで簡単な調理や食事を楽しむだけで普段とは気分が変わって、おいしく感じられます」と話す。

その際、アウトドアでよく使う調理器具を使えば、グッと雰囲気もアップ。徳里さんのおすすめは、百円ショップなどでも手に入る、メスティンやスキレット=下囲み参照。

「どちらも焼くのはもちろん、煮たり、蒸したり、薫製にしたりと多彩な調理法に対応できるのでとても便利。炊飯器の代わりにメスティンで米を炊いてみたり、スキレット=同=で目玉焼きやベーコン、ソーセージを焼くと、さらにキャンプ気分が味わえます」と提案する。

調理したらそのままテーブルに並べるだけで、見た目もおしゃれでテンションもアップ。木製やカラフルなカトラリーを使うなど、雰囲気を盛り上げるアイテムをプラスするとよりアウトドアを演出できるという。

ほかにも、アウトドア気分を楽しむためにチェアをベランダに出して読書をしたり、ランタンをともすだけでもアウトドア気分が味わえる。手持ちのキャンプグッズを活用しながら家族で楽しんでみては。

おすすめのキャンプ料理


カルボナーラ
厚切りベーコンのうまみたっぷり


【材料】
【1人前、調理時間の目安20分】
パスタ麺(1.6mm)…… 100g
水………………………200ml
塩…………………………適量
オリーブオイル…………適量
ニンニク(チューブ)………適量
卵…………………………1個
(白身と黄身を分けておく)
ジョールベーコン………適量
(なければ、ベーコンでもOK)
あらびきコショウ………適量
パルメザンチーズ………適量

【作り方】
1 メスティンの底にオリーブオイルを敷き、ジョールベーコン、ニンニクを入れ、ベーコンに軽く焦げ目がつくまで弱火で火を通す。

2 ベーコンに火が通ったら水を入れ、強火で熱す。沸騰したら半 分に折ったパスタ麺と塩をひとつまみ入れ、底面が焦げないよう に混ぜながら火を通す。

3 パスタ麺に火が通ったら、火を止め、卵の白身を入れて混ぜ、 オリーブオイルを適量たらし、あらびきコショウで味を調える。

4 パルメザンチーズを散らし、黄身を乗せ、あらびきコショウを振る。


チーズフォンデュ
とろ~りチーズが食欲をそそる

【材料】
【1人前、調理時間の目安15分】
カマンベールチーズ………………1個
ウインナーソーセージ………2~3個
ミニトマト……………………2~3個
ジャガイモ…………………2~3切れ
ブロッコリー………………2~3切れ
水……………………………………適量
あらびきコショウ…………………適量

【作り方】
1 メスティンの底にメッシュトレー(底上げの網)を敷き、トレーにかぶらない程度に水を入れる。
2 カマンベールチーズの周りをアルミホイルで包み、ディップしやすいようにチーズの上面に切れ目を入れる。さらに、ウインナーソーセージやミニトマト、ブロッコリー、ジャガイモを入れ、ふたをする。
3 弱火で蒸し、ジュガイモに火が通ったら火を止め、あらびきコショウを振り、ディップしていただく。


スキレットスモア
甘くてカリフワ 子ども、大人にも人気!

【材料】
【2人分(直径16cmスキレット)、調理時間の目安15分】
マシュマロ………1袋(70g)
板チョコ………1枚(50g)
バナナ………………1/2本
ミックスナッツ(砕いておく)…………………………適量
クラッカー………………適量
ミント……………………適宜
ココアパウダー…………適量

【作り方】
1 スキレットに割った板チョコを敷く。
2 輪切りにカットしたバナナを入れ、砕いたナッツを入れる。
3 2の上にマシュマロを敷き詰め、弱火にしてふたをする。
4 マシュマロが溶けだしたら、火を止めココアパウダーを振り、砕いたナッツ、ミントを添えてできあがり。クラッカーでディップしていただく。


徳里さんに聞いた! 便利なキャンプ調理器具
スキレット
厚手の鋳鉄(ちゅうてつ)製のフライパンで、一般的なフライパンよりも重量感はあるが、熱伝導や蓄熱性に優れているのが特長。そのままテーブルに並べれば、アツアツのままの料理が長く味わえる。近年はキャンプだけでなく、家庭でも愛用者が増えている。

メスティン
アルミ製のシンプルな作りながら、焼く、煮る、蒸すなど、さまざまな調理ができるので万能クッカーとも呼ばれている。弁当箱のような形で使いやすく、そのまま置いても、料理がおいしそうに映えるところもポイント。

手軽にアウトドア気分を演出するアイテム
チェアでのんびりくつろぎ空間
アウトドア用のチェア一つでも普段とは違った気分に。ベランダや庭で風を受けながらお酒やコーヒーを片手に読書をしたり、のんびり過ごすだけでも、アウトドア気分が味わえる。

ランタンの明かりで過ごす
時には部屋の照明を消して、ランタンの明かりで夜を過ごすのもいい。テーブルに置くキャンドル代わりに使って食事をしたり、家族だんらんでゲームを楽しむなど、おうちの空間も雰囲気がガラッと変わる。


徳里豪隼(ひでたか)さん
アウトドアショップNEOS
企画推進室マネージャー

毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1775号 2021年8月12日紙面から掲載」

毎日レシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
安里則哉

これまでに書いた記事:789

編集者
日々、課題ばかりですが、取材ではできる限り、対象者の人間性が引き出せたらと思い、仕事に努めています。食べることが大好き。そのためダイエットにも力を入れたところですが、いまだ実現せず(笑)。

TOPへ戻る