涼を感じる「とうがんのごまだれかけ」|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

2020年8月13日更新

涼を感じる「とうがんのごまだれかけ」|ごちそうレシピ

松本料理学院の松本嘉代子院長が「とうがんのごまだれかけ」のレシピを紹介します。水分がたっぷりで、夏におすすめの献立です。

ごまの香りが食欲をそそる
  とうがんのごまだれかけ  



材料(5人分)調理目安時間30分

トウガン………………500g
重曹…………………………少量
水……………………………適量
Aだし…………………3カップ
A塩…………………………少々
Aうすくちしょうゆ………少々
B白ごま………………大さじ4
B練りごま……………大さじ3
Bしょうゆ……………大さじ2・1/2
Bみりん………………大さじ2
Bだし…………………1カップ
水溶き片栗粉………………少々
インゲン…………………3本
シメジ……………1/2パック

■作り方

① トウガンは6センチ角に切って皮をむき、表面に重曹をこすりつけて斜めに細かい切り込みを入れる=下写真1。


★重曹はトウガンを色鮮やかに仕上げるために使用する。

② 鍋に1のトウガンを入れ、かぶるくらいの水で軟らかくなるまでゆでる。

③ Aを混ぜてやや濃いめの吸い地を作り、2のトウガンをつけておく。

④ インゲンはさっとゆがいて筋を取り、斜めのせん切りにする。シメジはゆがいて少量の吸い地にひたしておく。

⑤ すり鉢にBの白ごまを入れてよくすり、練りごまを加えた後にしょうゆ、みりんを加えて混ぜる=下写真2。だしは数回に分けて加える。



⑥ 5を鍋に入れて火にかけ、水溶き片栗粉を少しずつ加えてゆるやかな濃度をつけ、ごまだれを作る。

⑦ 椀に3のトウガンを盛り付け、6のごまだれを注ぎ、4のインゲンとシメジを添える。



講師:松本嘉代子(松本料理学院院長)


編集/比嘉知可乃
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1723号 2020年8月13日掲載

 

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
比嘉知可乃

これまでに書いた記事:79

新人プランナー(企画・編集)
1990年生まれ、うるま市出身。365日ダイエット中。
真面目な話からくだらない話まで、「読んだ人が誰かに話したくなる情報」
をお届けできるように頑張ります!

TOPへ戻る