旬の野菜でチーズフォンデュ|おうちで簡単!プロの味|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2020年2月6日更新

旬の野菜でチーズフォンデュ|おうちで簡単!プロの味

おうちで簡単!プロの味[11]
今回は冬が旬のカリフラワーを使ったメニューを紹介します。基本となる「スープベース」を作っておけば、スープとして楽しむことはもちろん、チーズフォンデュにアレンジすることもできます。チーズフォンデュは白ワインを使うと大人の味に仕上がりますが、子ども用の場合は牛乳などを代わりに使うと良いでしょう。(真栄城悟さん)


カリフラワーのチーズフォンデュ

【材料2人分】
スープベースの材料(★はチーズフォンデュの場合に使用)
カリフラワー(冷凍でも可)…200g
玉ネギ……………………………150g
ジャガイモ………………………130g
【薄めのチキンブイヨン】
水…………………………………500ml
チキンコンソメ…………………大さじ1
サラダ油………………………………少々
刻みニンニク…………………………少々
★おろしニンニク……………………少々
★白ワイン(牛乳でも可)…………適量
★ミックスチーズ…………………70g

※ディップする食材は好みで。取材時はバゲット、ミニトマト、ジャガイモ、ホタテ、エビ、ブロッコリー、カリフラワー、ソーセージを準備


作り方

1 カリフラワーは小房に分け、玉ネギ、ジャガイモは薄くスライスする。

2 鍋にサラダ油をひき、刻みニンニクを入れて軽く混ぜ、玉ネギを加えてあめ色になるまで炒める。


3 2にジャガイモとカリフラワーを入れて炒め合わせる。

4 3にチキンブイヨンを野菜がかぶる程度加える。ジャガイモやカリフラワーが軟らかくなるまで煮込み、あら熱をとる。


5 4をミキサーにかけてポタージュ状にしたらスープベースの完成。


6 別の鍋に白ワインを入れて30秒ほど火にかけ、アルコールを飛ばしておく。
※鍋から火が出終わったらアルコールが飛んだ状態になる。やけどに注意。

7 別の鍋にスープベースを360ml入れて火にかけ、おろしニンニクを加えて混ぜる。

8 ミックスチーズを7に入れて溶かした後、好みの濃度になるように6の白ワインやブイヨンでのばしたらできあがり。



ココがプロのテクニック!

Point! 1 玉ネギは繊維に逆らって切る
玉ネギは、繊維に逆らって切ると、炒めたときにうま味が出やすい。また、玉ネギを先に炒めることでうま味と甘みが出る。


Point! 2 差し水で火の通りを早く
玉ネギを炒める際は、少量の差し水をしながら行うと火の通りが早くなり、調理時間の短縮に。



スープにアレンジ★

スープベースをチキンブイヨンや生クリーム、牛乳など好みの材料でのばして温めるとカリフラワーのポタージュスープとして楽しめる。



まえしろ・さとる/県内で飲食店を展開する、株式会社ピースサイン代表。ホテルやレストランでの経験を基に、現在はメニュー開発を担当している。

時短レシピ・記事一覧
おうちで簡単!プロの味・記事一覧
 

毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1697号 2020年2月6日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2415

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る